栄養管理室

基本方針

イラスト医療チームの一部門として、入院患者の栄養管理及び食生活改善に効果的な栄養食事指導を行い、病態に適した安全でおいしい食事を提供するとともに、疾病治療・再発防止・社会復帰のために退院後の食事計画や生活習慣改善の支援に努める。

スタッフ紹介

管理栄養士 6名(内 NST専従1名、パート1名含む)
(委託)管理栄養士 3名
(委託)栄養士 2名
(委託)調理師 9名
(委託)調理員 2名
(委託)調理補助 8名
(委託)食器洗浄職員 13名

認定資格者

日本糖尿病療養指導士 5名
病態栄養認定管理栄養士 2名
がん病態栄養専門管理栄養士 1名
NST専門療法士 2名
小児アレルギーエデュケーター 1名

業務内容

フードサービスについて(食事提供について)

入院中の食事は、食事療法の具体的な教材であり楽しみでもあるため、安全でおいしい患者さんに喜ばれる食事を目標に、スタッフ一同努力しています。

  1. 成人中の食事イメージ治療食の種類
    糖尿病・腎疾患・心疾患等の慢性疾患を対象とした食事をはじめ、軟菜食・嚥下食等約70種類以上の食事の種類を設けて病状に応じた食事が提供できるようにしています。
  2. 安全な食事
    「大量調理施設衛生管理マニュアル」に基づく衛生管理を実施しています。
  3. 適時適温による給食
    温冷配膳車を使用し、夕食は6時に配膳。
  4. 患者食堂の設置
    寝食分離、早期離床等の観点から、各病棟に設置。イラスト
  5. 行事食
    単調になりがちな入院生活に潤いを感じていただくために、正月・節分・雛祭り等月に1回程度季節感のある食事を、メッセージカードを添えて提供しています。
  6. 選択メニュー
    1. 朝食はパン食またはご飯食の選択
    2. 昼・夕食は成人食・シニア食で週2回実施。
  7. お祝い膳
    出産された患者さんに、退院前日の夕食にメッセージカードを添えてステーキとフルーツの盛り合わせを提供しています。

クリニカルサービスについて(栄養管理について)

  1. 入院患者の個別の栄養状態の把握、それに基づく栄養管理計画の策定、計画に基づく栄養管理を、医師・看護師・薬剤師・言語聴覚士等と協働して実施しています。
    また栄養管理は複数の栄養療法が併用されますが、経口摂取を行う場合には、個人の摂食能力や多数のメニュー展開が必要となるため、フードサービスとの連携が不可欠となります。
  2. 食事療法が必要な入院・外来患者さんに対し、医師の指示に基づいて栄養食事指導を実施しています。低栄養から過剰栄養まで、患者さんの病態のみならず、日常生活や食習慣に合わせて相談をおこなっています。個別相談は予約制となっています。「糖尿病教室」や「糖尿病集団指導」を糖尿病チームの一員として実施しています。
  3. 栄養障害を生じている患者さん及び栄養障害を生じるリスクの高い患者さんを対象に、医師・歯科医師・看護師・薬剤師・言語聴覚士・臨床検査技師等と共に栄養療法を行うNSTの活動を行っています。
  4. その他、褥瘡対策チーム・緩和ケアチーム・小児アレルギーチームなどチーム医療の一員として活動を行っています。
お祝い膳の一例
Back
TOP