臨床工学室(CE室)

概要

臨床工学技士は生命維持管理装置の操作・保守点検を行ない、医療の普及及び向上に寄与することを目的としています。

当院における臨床工学室は、発足当初から血液浄化・医療機器管理を主としてきましたが、現在の業務は院内随所、多科に渡り、地域の中核病院として高度・専門医療を支えるべく、医療工学の面からチーム医療をサポートします。

スタッフ紹介

  • 技士長代行:石井 利英
  • 臨床工学技士数 8名

業務紹介

医療機器管理

各種ポンプを始め、生体情報モニター、血液ガス分析装置等、検査機器から治療機器まで幅広く、現在約200種、約1000台の医療機器の管理、点検・修理を行なっています。管理にはバーコードやQRコードを用い、データベースに登録し、端末にてその所在や点検時期等を把握しています。

血液浄化

血液透析を始め、血球吸着、血漿交換等の、血液浄化業務を行なっています。血液透析においては臨床業務他、透析装置・供給装置・水処理装置等の管理、点検・修理を行ないます。
また、ICUにおける急性血液浄化に関してはオンコール体制をとっています。

循環器業務

心臓ペースメーカー業務を始め、心臓カテーテル検査に立ち合います。心臓ペースメーカーでは埋め込みからフォローアップ、心臓カテーテル検査ではFFR(冠血流予備量比)測定やIVUS(血管内超音波装置)、の操作を行ない、必要に応じIABPやPCPS等の補助循環装置の操作を行います。
また、緊急PCIに対応できるよう、オンコール体制をとっています。

人工呼吸器業務

日常のラウンドを始め、院内全ての人工呼吸器の管理を行ないます。呼吸器内科医師・看護師・理学療法士・臨床工学技士から成るRCT(呼吸ケアチーム)に所属し、週に一度開かれるラウンドに参加し、治療法検討にも積極的に関与しています。
使用前点検や返却点検は医療機器管理者と協力し、他の医療機器と同じよう、医療機器管理ソフトの端末から所在や点検時期等を把握しています。

院外活動

ME機器管理カンファレンス

中央市民病院や西神戸医療センター等と共に、ME機器管理カンファレンスを行っています。

学会活動

臨床工学技士会を始め、ME学会、透析医学会等、個人の所属する学会に参加します。

メーカー講習会

修理に所定の技術講習が必要な医療機器に対し、メーカー講習会を受講します。

資格取得

臨床ME認定士や、透析技術認定士、呼吸療法認定士など、個人の専門性を高めるため、資格取得に積極的に励んでいます。

教育

近隣の臨床工学技士養成校への講義、公演を始め、臨床実習生の受け入れ等も行なっています。

Back
TOP