薬剤部

薬剤部イメージ写真

薬剤部長あいさつ

薬剤部長 田中 詳二

薬剤部長 田中 詳二

我々神戸市立医療センター 西市民病院 薬剤師は、患者さんのための医薬品であること、患者さんのための薬剤師である事を強く意識し、患者さんの傍ですべての患者さんに心のこもった最適な薬物治療を提供するために専門性を高め、医療チームとしてそれを活かしていきます。そして病院だけにとどまらず、高齢化が加速度的に進む中でピンポイントの対応ではなく地域と連携し患者さんの治療をシームレスにサポートしていきます。

薬剤部の体制、スタッフ紹介、専門・認定薬剤師

体制

薬剤部は病院の北館に位置し、患者さんからは薬局の窓口として目にすることができます。調剤室、注射薬室、医薬品情報室、無菌調製室および製剤室にてそれぞれの技術を活かして業務を行っています。また病棟においても「薬の専門家」として積極的に医薬品の適正使用や、最適な薬物治療の支援に取り組んでいます。

スタッフ紹介

常勤薬剤師18名、非常勤薬剤師1名、薬剤師レジデント3名(一般コース2名、専門コース1名)に加え、薬剤業務補助員4名で構成されています。(2018年4月現在)

薬剤部長 田中 詳二
副薬剤長 石本 学司、奥野 昌宏

専門・認定薬剤師

がん薬物療法認定薬剤師 1名
感染制御認定薬剤師 1名
日本医療薬学会認定指導薬剤師 1名
がん専門薬剤師 1名
糖尿病療養指導士 3名
NST専門療法士 4名
医療情報技師 1名
小児薬物療法認定薬剤師 1名
長期実務実習指導薬剤師 4名
抗菌化学療法認定薬剤師 1名
外来がん治療認定薬剤師 2名

業務内容

1.内服薬・外用薬調剤

薬剤部(内服薬・外用薬調剤)の写真処方は、電子カルテのオーダリングシステムから入力されたのち、これに連動した調剤支援システムにより安全かつ効率的に調剤を行います。
院内処方箋には、患者さんの臨床検査値も表記されており、肝機能・腎機能等を考慮しながら、用法・用量や薬剤同士の相互作用をチェックし、安全な薬剤の交付を行っています。

2.注射薬調剤

薬剤部(注射薬調剤)の写真電子カルテのオーダリングシステムと連動した自動注射薬払出装置を用い、ICU病棟以外の入院患者さんを対象とした注射薬の一施用毎の調剤を、土・日・祝日や年末年始の休日を含めた365日実施しています。
投与量・投与速度・配合変化などの処方チェックは調剤時だけでなく病棟担当薬剤師もあわせてチェックを行い、安全に注射薬が投与されるよう努めています。注射薬調剤で添付する「投与時の貼付ラベル」には、3点認証バーコードを印刷し、間違った注射薬が投与されるのを防止するしくみも導入しています。

3.医薬品情報業務(DI業務)

薬剤部(医薬品情報業務(DI業務))の写真医薬品は情報が伴ってはじめて有効かつ安全に使用されます。薬剤部では常に最新の医薬品情報の収集・整理・伝達に努め、院内スタッフに提供することで薬物治療が適正に行われるようバックアップしています。

また、薬事委員会を通じて院内の情報発信の起点としての役割を担っています。その他、院内で発生した副作用情報を随時、医薬品医療機器総合機構に報告を迅速に行い、国の副作用情報の収集にも協力するなど、医薬品情報にかかる種々の業務を行います。

4.おくすり確認外来(薬剤師外来)

薬剤部(おくすり確認外来(薬剤師外来))の写真入院・手術前に、おくすりや健康食品を事前に中止していなければ、入院・手術が中止になる場合もあり、患者さんに安心して手術を受けていただけるよう、常用されているおくすりで手術前に中止するべきものがないか、健康食品に中止をするべき成分が含まれていないかについて、おくすり確認外来で患者様と面談し、チェックを行っています。

5.ケモ指導外来(薬剤師外来)

薬剤部(ケモ指導外来(薬剤師外来))の写真一部の抗がん剤治療では、医師の指示や患者様のご希望に応じて薬剤師が指導を行っています。指導の内容は、初回時はスケジュール、予想される副作用とその対応、日常生活での注意点等についてご説明します。また、必要に応じて2回目以降も服用状況や副作用の有無を確認し、薬剤についての疑問にもお答えしています。

6.薬剤管理指導/病棟薬剤業務

  1. 薬剤部(薬剤管理指導・病棟薬剤業務)の写真入院時持参薬管理
    当院ではすべての入院患者さんと入院時に直接面談し、持参されるお薬の確認を行っています。
    薬局窓口において患者さんの常用薬やその飲み方についてインタビューを行い、これから始まる治療に影響がないかを確認します。鑑別した持参薬については、電子カルテに登録を行い、入院中の使用/中止や薬剤間の相互作用等を確認し、薬物治療の管理を開始します。
  2. 病棟薬剤活動
    薬剤部(薬剤管理指導・病棟薬剤業務)の写真全ての病棟(ICU・救急病棟、5~11階各病棟)に薬剤師が常駐し、入院患者さんの最適な薬物治療のために、薬学的視点から治療を支援できるよう活動しています。持参薬を含めた使用薬品の管理はもちろん、相互作用のチェックや副作用のモニタリングといった薬学的ケアを実践しています。
    ベッドサイドで患者さんと面談することにより、早期に薬剤の効果・副作用を確認し、医師へ新たな処方の提案を行うなど、より安全で効果的な薬物治療への総合的な関与を行っています。

7.注射薬無菌調製

薬剤部(注射薬無菌調製)の写真

注射薬無菌調製室では、クリーンベンチによる高カロリー輸液(TPN)の調製や、がん化学療法において、院内で使用する全ての抗がん薬を安全キャビネットを用いて調製しています。
また、電子カルテに連動した抗がん薬レジメンオーダリングサポートシステムを用いてレジメンの一元管理を行い、さらに安全な投与管理、履歴管理、注射薬と内服薬を含めた複合的な処方チェックを行っています。
とくに外来化学療法では、抗がん薬の調製を行う薬剤師が外来がん化学療法センターで、治療における副作用の事前の患者説明や投与後のモニタリングを行い安全で安心できるがん化学療法の実施に努めています。

8.製剤

薬剤部(製剤)の写真市販されていない治療上不可欠な薬剤の調製や軟膏剤の煉合、液剤の分注等を行っています。
製剤の種類によっては、 院内の審査委員会で審議、承認を経て調製を行うものもあります。

9.TDM(治療薬物モニタリング)

治療効果や安全性の評価を目的に、主に抗MRSA薬を中心に患者さんから採血した血液中の薬物濃度の測定結果を基に、最適な薬剤の投与量・投与間隔を設計し、医師へ処方提案を行います。

10.麻薬管理

医療用麻薬は、手術中、手術後の痛み、がん性疼痛などの症状緩和に不可欠な医薬品ですが、法令により厳密に管理が規制されています。薬剤部では手術室を含む全ての院内の医療用麻薬の適正な管理を行っています。

11.各チーム医療への参画

最適な薬物治療を提供するために専門性を高め、 院内医療チームの一員として様々な場面で活躍しています。

  1. NST(栄養サポート)チーム
  2. 緩和ケアチーム
  3. リエゾンチーム
  4. 褥瘡対策チーム
  5. 糖尿病チーム
  6. ICT(感染管理)チーム
  7. 禁煙チーム
  8. 改善活動推進チーム

教育・研修

薬剤師レジデント制度導入

高度医療に対応した臨床薬剤業務並びにチーム医療を実践できる薬剤師を養成することを目的に、平成26(2014)年度より薬剤師レジデントを採用しています。一般コース・専門コースを設定し、日本医療薬学会研修ガイドラインに準拠した研修カリキュラムを用いた指導を行っています。 平成30(2018)年度は、一般コース2名、専門コース1名が在籍しています。

学生実習の受入れ

薬学教育実務実習の充実および後輩の薬剤師の育成のために、臨床で必要な実務レベルの知識・考え方・スキルを身につけられるよう、また、大学で学ぶ基礎知識がどのくらい実務でも役に立つものなのかをしっかりと理解してもらえるように、全力で取り組み指導を行っています。
しっかりとしたカリキュラムを作成し、充実した2か月半の実習が送れるよう努力をしています。

学会・講演会発表など

平成29(2017)年度
学会・講演会発表など
  1. 濱 宏仁、成橋和正、杉浦伸一、中西弘和,抗がん薬により表面汚染したバイアルの水,次亜塩素酸ナトリウムおよびオゾン水による簡易洗浄方法を用いた除染効果の検証,医療薬学フォーラム 2017 第25回クリニカルファーマシーシンポジウム,2017年7月,鹿児島.
  2. 濱 宏仁、成橋和正、杉浦伸一、中西弘和,抗がん薬調製用閉鎖系システム 使用による曝露量減少効果の検証,第27回日本医療薬学会年会,2017年11月,千葉.
  3. 渡辺 瞭、濱 宏仁、田中 詳二,慢性便秘症治療薬ルビプロストンの適切な投与方法の検討,第27回日本医療薬学会年会,2017年11月,千葉.
  4. 藤原 歩 、赤瀬 博文、濱 宏仁、西尾 智尋、田中 詳二,早期症状緩和を目指したオピオイド回診における薬剤師の関わり,第27回日本医療薬学会年会,2017年11月,千葉.
  5. 渡邊 瞭、濱 宏仁、石本 学司、田中 詳二,強オピオイド鎮痛薬の投与による便秘に対するルビプロストンの使用報告,近畿薬剤師合同薬剤師学会2018,2018年2月,京都.
  6. 平野 美優、公門 法子、濱 宏仁、田中 詳二,バンコマイシン「MEEK」TDM解析ソフトにおける血清クレアチニン値補正による予測性の検討,近畿薬剤師合同薬剤師学会2018,2018年2月,京都.
  7. 加藤 早希、石本 学司、濱 宏仁、田中 詳二,ソホスブビル・レジパスビルによる薬物治療に対する胃酸分泌抑制剤が及ぼす影響の調査,近畿薬剤師合同薬剤師学会2018,2018年2月,京都.
論文
  1. 濱宏仁,成橋和正,杉浦伸一,中西弘和,抗がん薬により意図的に表面汚染させたバイアルの水,次亜塩素酸ナトリウム及びオゾン水による簡易洗浄法を用いた除染効果の検証,医療薬学,Vol.43,663-670(2017)
講演等
  1. 「抗がん薬曝露におけるリスクマネージメント」(第2回 Preventing hazardous drugs exposure seminar)
  2. 「エビデンスから考える抗がん薬の職業的曝露対策」(抗がん剤曝露対策セミナー in 熊本)
  3. 「抗がん薬のDrug Vial Optimizationと 抗がん薬閉鎖式薬物移送システム(CSTD) による医療費削減効果」(第27回日本医療薬学会年会)
  4. 「チームで取り組む抗がん剤曝露対策」(第2回オンコロジーセミナー)
  5. 「病院における曝露対策~バイアルに起因する汚染と調製時のCSTD使用の有用性~」(JSOPP 9 2017 in Osaka)
  6. 「エビデンスから考える抗がん薬曝露対策と今後のCSTDの使い方」(豊中市病院連絡協議会 病院薬剤師講演会)
  7. 「抗がん薬曝露対策における最新の話題」(関西注射剤実践懇話会 第29回学術集会)
  8. 「薬剤師が行う吸入指導」(喘息治療のコツを考える会)
  9. 「肝硬変・肝細胞癌合併悪性リンパ腫に対してR-CHOP療法施行後に39℃の発熱を来した症例(症例検討)」(第22回東播抗菌化学療法セミナー)
  10. 「医師・病薬・調剤薬局をつなぐトレーシングレポートとは」(糖尿病エンパワーメントセミナー)

地域連携の強化

神戸市薬剤師会および地域の薬局薬剤師と連携を行うことで、外来・入院を問わず地域住民に対する薬学的管理および薬物療法の支援が達成できると考えている。その取り組みとして、平成18年より西市民病院オープンカンファレンスを開催、また平成22年より月1回「薬薬連携検討委員会」を開催し、兵庫県喘息死ゼロ作戦への取り組みなどの活動を行っている。

【 告知 】
第22回 西市民病院薬薬連携オープンカンファレンス
テーマ:「認知症における薬物療法と多職種連携について(仮)」
講 師:神戸市立医療センター西市民病院 認知症疾患医療部 部長 木原 武士
予定日時:平成30年9月6日(木)18:30~  会場:神戸市立兵庫勤労市民センター

調剤薬局へのご案内

くわしくは「調剤薬局へのご案内」ページをご覧ください。

リンク

Back
TOP