業務内容

1.調剤業務

錠剤自動分包機の写真

処方は、電子カルテのオーダリングシステムから入力され、散薬や水薬調剤支援監査システム、錠剤自動分包機(一包化)システムが連動し、より安全かつ効率的に調剤を行います。薬剤師は相互作用・用法・用量・処方日数などをチェックし、疑問が生じた場合は直接医師に相談しています(疑義照会)。分包した粉薬や一包化した錠剤・カプセルの袋には患者名の他、薬品名や用法を印字し、患者やご家族が管理しやすいようにしています。

2.注射薬調剤

薬剤部(注射薬調剤)の写真注射薬もオーダリングシステムから入力され、注射薬自動払出機が連動します。薬剤師は配合変化や投与速度、濃度、投与ルート等や、その他、調剤業務と同様のチェックを行い、医師に疑義照会を行います。注射薬は、患者ごと、1回使用ごとに注射トレイに入れ、患者の氏名、薬品名や量、用法などの他に3点認証コードを印字したラベル、および、看護師向けの注射薬に関する注意事項も記載された注射薬指示書を一緒に病棟の看護師のもとに送ります。

3.ミキシング(混注)業務

抗がん剤は、静脈炎など一般的な注射薬と比べて血管のトラブルが多く、また病棟で抗がん剤をミキシングすると病棟スタッフだけでなく、患者にも抗がん剤が空気中に飛散して吸引してしまう(曝露)リスクはゼロではありません。薬剤師が薬剤無菌調製設備(アイソレータ:下写真)で抗がん剤のミキシングを専門的に行い、病棟における抗がん剤の曝露を無くすとともに、無菌的に行うことで(静脈炎などに伴う)感染症のリスクも軽減し、患者の合併症を未然に防ぐようにしています。また、電子カルテに連動した抗がん剤レジメンオーダリングサポートシステムを用いてレジメンの一元管理を行い、さらに安全な投与管理、既往歴、配合変化、注射薬と内服薬を含めた複合的な相互作用などのチェックを行い、医師に処方提案、検査提案を行いながら医師と連携して、抗がん剤療法を支援しています。

4.薬剤管理指導/病棟薬剤業務

  1. 持参薬確認窓口の写真入院時持参薬管理業務
    当院ではすべての入院入院患者と入院時に直接面談し、持参される薬の確認を行っています。薬の使用状況を全て確認(鑑別)し、今後の治療に影響のリスクがある場合は、医師に処方提案を行います。その情報を電子カルテに登録し、入院中の薬剤間の相互作用など薬物治療の管理を開始します。
  2. 病棟業務
    全ての病棟に薬剤師が常駐し、医師や看護師、その他の多くの職種と相談しながら薬学的視点、患者の視点に寄り添って薬物治療を支援しています。またベッドサイドで患者と面談することにより、早期に効果・副作用を確認し、副作用は最小限になるように薬学的管理(薬剤アレルギー・効果・副作用などのモニタリング、使用方法の変更、相互作用のチェック、薬の中止・新規薬の医師に対する処方提案など)を実施しています。また今後、実施される薬物療法の予定、副作用を減らす(避ける)ための注意点などをお伝えしています。さらに個々の患者の使用目的に合わせたオリジナルのお薬一覧表を作成し、患者とご家族が薬物療法についてご理解しやすいように工夫しています。薬剤師全員が専用の電子カルテ端末と院内でネットが使えるiPadを装備し、臨床現場のニーズに対応しています。

5.医薬品情報業務(DI業務)

医薬品は情報が伴ってはじめて有効かつ安全に使用されます。常に最新の医薬品情報の収集・整理・伝達に努め、院内スタッフに提供することで薬物治療が適正に行われるようバックアップします。また、薬事委員会を通じて院内の情報発信の起点としての役割を担っています。その他、院内で発生した副作用情報を随時、医薬品医療機器総合機構に報告を迅速に行い、国の副作用情報の収集にも協力するなど、医薬品情報にかかる種々の業務を行います。

6.薬剤師外来

医師の依頼に基づき外来の医師の診察前や後に専用の個室にて、薬剤師が外来患者と直接お会いして面談を行います。

1)おくすり確認外来業務

入院手術前に、薬や健康食品を事前に中止していなければ、入院・手術が中止になる場合もあります。常用薬で手術前に中止するべきものがないか、健康食品・サプリメントに中止をするべき成分が含まれていないかについてチェックするとともに、薬剤アレルギーの有無、飲み合わせ(健康食品・サプリメントも含む)も確認を行っています。

2)抗がん剤指導(ケモ指導)

内服薬の抗がん剤を中心に説明を行っています。初回指導時には、それまでの薬物療法や既往歴、副作用歴、アレルギー歴などを確認し、今後、起こりやすい副作用をチェックするとともに、服用中のお薬や健康食品・サプリメントとの相互作用を確認します。抗がん剤の開始後は継続的に患者と面談し、副作用が起こっていないか?をチェックするとともに、その時々に応じで今後予想される副作用やその軽減方法等をお伝えして、医師と連携しながら、よりよい薬物療法を目指しています。抗がん剤を服用中の患者さんで薬剤師外来をご希望の場合は、医師にご相談下さい。

7.外来化学療法センターでの薬剤指導

点滴の抗がん剤を中心に外来患者に説明を行っています。点滴の抗がん剤は内服の抗がん剤とは異なる副作用が起こることもあり、症状や患者から直接お話しを伺いながら確認をしています。副作用の軽減・予防方法をお伝えするとともに、医師や看護師、管理栄養士と連携して患者が通院しながら点滴抗がん剤を受けられるように支援しています。またお薬手帳に点滴抗がん剤の品目名や特に注意する副作用をメモしたシール紙をお貼り(交付)し、他の医療施設(病院や薬局)に情報を伝達しています。

8.製剤業務

薬剤部(製剤)の写真 市販されていない薬剤で治療上不可欠な薬剤の製剤や軟膏剤の煉合を行っています。また、医療スタッフがより適時適切に使用できるよう薬剤の分注等を行っています。製剤の種類によっては、 院内の審査委員会で審議、承認を経て調製を行っています。

9.治療薬物モニタリング(TDM)業務

 治療効果や安全性の評価を目的に、主に抗MRSA薬を中心に採血した血液中の薬物濃度の測定結果を基に、最適な投与量・投与間隔を設計し、医師へ処方提案を行います。

10.麻薬管理業務

 医療用麻薬は、手術中、手術後の痛み、がん性疼痛などの症状緩和に不可欠な医薬品ですが、法令により厳密に管理が規制されています。薬剤部では手術室を含む全ての院内の医療用麻薬の適正な管理を行っています。

11.各チーム医療への参画

 栄養サポートチーム(NST)、感染管理チーム(ICT)、抗菌薬適正使用支援チーム(AST)、緩和ケアチーム、リエゾン・認知症ケアチーム、糖尿病チーム、褥瘡対策チーム、禁煙チーム、改善活動チーム、小児アレルギーチームの一員として様々な場面で活躍しています。

Back
TOP