宗教的理由等による輸血拒否に関する当院の方針

当院では、輸血を行わずに治療ができるよう最大限の努力をしております。しかし、輸血によって救命・生命維持ができる可能性があると医師が判断した場合には、輸血を実施するという方針で対応させていただきます(いわゆる「相対的無輸血」)。
ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

Back
TOP