メールアイコン
キービジュアルの画像

daVinciSurgical System

ロボット支援手術は体への負担が少なく、
兵庫県内では希少な精密で精度が高い手術です。

キービジュアルの画像

Surgery

精度の高い手術

ダヴィンチは腹腔鏡手術で
医師が操作するロボットです。

キービジュアルの画像

Function

ロボット支援手術におけるチーム医療

医師と看護師が協調して
手術が行われます。

キービジュアルの画像

Symptoms

症状、ダヴィンチで行う手術

・体への負担が少ない
・鮮明な3D(3次元)画像
・精密な動きを再現

キービジュアルの画像

Merit

患者さんのメリット

・傷口が小さく、術中の出血が少ない
・術後の疼痛が少なく、回復も早い
・術後合併症のリスクが低い
・正確な患部の切除

兵庫県下でも希少なロボット支援手術

ロボット支援手術は体への負担が少なく、
精密で精度が高い手術です。

患者さんの身体的な負担が少ない腹腔鏡下手術の特長を生かしつつ、ロボットの機能による支援によって、従来不可能とされていた手術操作が可能になりました。
ダヴィンチは3つの機械から成り立っており、医師はロボットのアームについている鉗子やカメラを遠隔操作して手術を行います。
ダヴィンチのみで手術が行われるわけではなく、患者さんの脇に助手の医師と看護師がついて補助を行い、協調して手術が行われます。
なお、ロボット支援手術を健康保険適用で受けられる疾患のうち、当院では現在肺がん、直腸がん、結腸がん、子宮良性疾患、腎臓がん、前立腺がん、膀胱がんについて実施しています。

兵庫県下でも希少なロボット支援手術についての画像
手術担当医の写真

MESSAGE

ロボット支援手術は従来の胸腔鏡手術よりも繊細な手術が可能で、患者さん、手術を行う医師の双方にとって優しい手術です。今後、最新機種の導入によりさらなる発展が期待されています。

SURGERY

神戸市医療センター西市民病院では、以下の疾患・手術でダヴィンチを使用しております。その他の疾患・手術については、順次対応していく予定です。

「ダヴィンチ」によるロボット支援手術は前立腺がん、腎臓がん、膀胱がんで保険適応となっており、当院泌尿器科でも対応しています。 ロボット支援手術の長所・患者さんのメリットとして

  • 自由度の高い手術用鉗子や3次元画像により、繊細で安全な手術操作が可能
  • 術中の出血量が減少し、傷も小さいため術後早期回復が期待できる

があげられます。
前立腺がんに対して2015年10月よりロボット支援前立腺全摘除術を開始し、これまでの手術件数は200例以上となっています。また2018年7月から腎臓がんに対する腎部分切除術を、2018年9月から膀胱がんに対する膀胱全摘除術を開始しておりこれまでに腎部分切除術は15例、膀胱全摘術は34例に施行しています。

本邦で肺癌の手術に使用できるロボットシステムはIntuitive Surgical社のダヴィンチ(da Vinci)のみで、ロボット支援胸腔鏡下手術は一般的に“ダヴィンチ手術”と称されます。ダヴィンチ手術は2012年4月から最初に泌尿器科で前立腺癌に対し保険適応となりました。呼吸器外科分野では2018年4月から胸腔鏡下肺性腫瘍手術(肺葉切除または1肺葉を超えるもの)が保険適応となり、2020年4月から区域切除も保険適応となりました。
当科では呼吸器外科が2名体制になった2018年末から準備を行い、2019年3月にロボット支援胸腔鏡下肺葉切除術を開始いたしました。

手術支援ロボット『ダヴィンチ』の登場により、手術技術は革新的にを大きく進みました。この『ダヴィンチ』により難易度が高い手術を圧倒的に正確に、そして緻密に行うことができるようになりました。緻密な操作により大事な神経の温存、出血量の減少が達成され、体への負担が少ない手術が可能です。当院では2020年10月より直腸癌に対するロボット手術を開始しており、順調に手術件数は増えております。今後、結腸癌・胃癌・ヘルニアへも適応を広げていく予定です。

外科的手術領域では、腹腔鏡下手術やダヴィンチシステムを用いた最先端のロボット支援下手術へと低侵襲手術が主流となっております。当院婦人科の腹腔鏡下手術の歴史は古く、阪神淡路大震災で損壊した当院が2000年に再開院した時には、良性卵巣腫瘍に対する腹腔鏡下手術をすでに開始しておりました。そして2020年4月にダヴィンチシステムによるロボット支援下手術の施設認定を得ました。これは神戸市近郊では中央市民病院、神戸大学病院に次ぐ3番目の認定で、これまで40例ほどの症例を経験しています。まだ婦人科ロボット手術が標準化されていない時期に、ハイボリュームな基幹病院でもない当院でダヴィンチシステムを導入するためには多くの労力を必要としましたが、それに勝るたくさんの経験の蓄積ができたと自負しています。是非、多くの患者さんに当院の低侵襲手術を提供したいと思っています。

MOVIE

泌尿器科
ロボット支援腹腔鏡下腎部分切除術

泌尿器科
ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術

泌尿器科
ロボット支援腹腔鏡下膀胱全摘術

消化器外科

呼吸器外科

産婦人科
ロボット支援腹腔鏡下膣式子宮全摘術