CT・MRI部門

CT検査

64列マルチスライスCT装置を2台設置しています。これらの装置は短時間で広範囲の鮮明な画像が得られる為、造影剤を投与してから、ある一定時間ごとに数回繰り返し撮影する事により、病気の質的診断にも威力を発揮し、これらの画像を3次元的に構築することにより、病気の存在・広がりが良く解ります。心電図同期撮影による心臓CT検査も行っています。

MRI検査

1.5T(テスラ)超電導MRI装置を1台設置しています。
軟部組織のコントラストに優れ、脳や神経、内臓、筋肉や軟骨などの描出に優れます。
脳梗塞や様々な臓器の腫瘍、レントゲンで映らないような小さな骨挫傷や靭帯損傷まで検出できます。
他には、造影剤を使わずに、脳血管や胆管膵管などを描出することも可能です。
また、磁気によって体内の信号を集めますので、放射線被ばくの心配がありません。

SIEMENS社 MAGNETOM Avant 1.5T(写真)

Back
TOP