血管造影部門

血管造影

SIEMENS社 Artis zee TA(写真)

当院の血管造影は循環器内科と放射線科が担当しています。
急性心筋梗塞・狭心症・閉塞性動脈硬化症等の血管狭窄や閉塞に対しての血管拡張術、出血に対する止血・腫瘍血管の塞栓術等、種々の検査・治療を行っています。
血管造影に携わる医師・診療放射線技師・看護師・臨床工学技士、チーム一丸となって、より高度で正確な検査・治療を行っています。

心臓カテーテル検査・血管拡張術

血管拡張術は動脈硬化などにより血管が狭窄、あるいは閉塞した場合に行われる治療法です。バルーンカテーテルと呼ばれる、風船が付いた特殊なカテーテルを使用します。バルーンカテーテルの風船部分を、狭窄した血管に合わせて膨らませ、狭くなった血管を拡げます。また、拡げた状態を保つためにステントという器具を留置することもあります。心臓の筋肉を栄養する冠動脈の狭窄(狭心症)に対してこの治療法が特に有効です。

血管塞栓術(TAE)

血管内に金属コイル、ゼラチンスポンジ等の血流を遮断する物質を用い、消化管出血等に対して、出血の原因となっている血管を塞栓することにより止血をしたり、腫瘍を栄養している血管を塞栓して、腫瘍を小さくする治療等があります。(TAE)
肝細胞癌(HCC)等の腫瘍に対してCT ライクイメージを用いると、見つけ難い腫瘍の検出や、腫瘍栄養血管の同定及び超選択的にTAEを行う場合に有用です。

Back
TOP