放射線Q&A

私たちは、日常生活においてどの程度の放射線を浴びているのですか?
私たちは、宇宙線や食物・水・放射性鉱物などから常に自然放射線を浴びています。
その線量は地域によって変わりますが、日本では1年間平均2.4mSv(ミリシーベルト)
浴びています。その内訳は、おおむね次のとおりです。
宇宙線:0.4mSv  大地などの環境:0.5mSv  食物:0.3mSv  大気中のラドン:1.2mSv
胸部X線検査でどれぐらい被曝するのですか?
胸部の正面撮影1回あたり、0.2mSv(ミリシーベルト)程度の被曝があります。
ちなみに、他のX線検査における1回当たり被曝線量の主な概要は次のとおりです。
腹部:0.8mSv  注腸検査:5~20mSv  IVP検査:1~2mSv
妊娠中のX線検査による被曝で胎児に影響がでないでしょうか?
妊娠中の方のX線検査は、なるべく避けるほうが好ましいですが、診療上必要なこともあります。そのような時には、 腹部にX線を遮蔽するプロテクターをつけて検査を行います。
胎児は、一般成人に比べて感受性が高いので、このようにして極力被曝をしないようにしています。放射線による影響は、急性効果と晩発性効果がありますが、急性効果は、多量の放射線被曝で問題になり、医療における被曝おいては、晩発性効果が対象になります。
この効果が出ない程度のレベルに抑えなければなりません。現実的には、 診断に必要なX線検査程度では影響はみとめられません。
X線検査をうけて、白血病や癌にならないですか?
大量の放射線を被曝したときには、白血病や癌になる確率は高くなりますが、X線検査での被曝では心配ありません。
具体的には、白血病は、200mSvの被曝で発生確率が0.1%程度高くなる程度で日常のX線検査では、通常10mSv以下ですので心配する必要はないと考えられます。
癌の発生率においても同様に問題ないと考えられます。又、診療放射線技師は、必要以上の被曝を避ける為、専門知識や技術を駆使しています。

その他、疑問・質問がありましたら、お気軽に担当職員にお尋ねください。

Back
TOP