一般撮影部門

この部門では、内科・外科・整形外科・耳鼻科・歯科…等、全診療科から撮影依頼を受け、胸部・腹部・骨部をはじめ、マンモグラフィ、骨密度測定等の検査を行っています。
これら以外に回診用X線撮影装置を用いた病室での撮影、外科用透視撮影装置を用いた手術室での術中透視・撮影も行っています。

一般撮影

X線撮影は、X線が身体を透過する際に減弱するのを利用して、白黒の画像を得ます。胸やお腹では心臓の大きさや肺の様子、腸管ガスなどが観察でき、骨の撮影では骨折や関節炎、リウマチ疾患などが観察できます。通常の診療、救急の現場において簡便かつ重要な検査です。

マンモグラフィ撮影

マンモグラフィは乳房専用のX線撮影です。撮影の際は乳房を薄くする為に圧迫板で挟みますが、これは乳腺や脂肪、血管などの組織と病変との区別をしやすくするためです。また、X線の被ばく量を減らすこともできます。そのため、痛みが伴うことがありますが、ご理解、ご協力をよろしくお願いします。

骨密度測定検査

当院ではDEXA法(二重エネルギーX線吸収測定法)と呼ばれる2種類のエネルギーのX線を用いて骨量を測定する方法を用いています。腰椎と大腿骨頸部を一度に測定することができる為、検査時間も速く、精度よく骨粗鬆症の診断や治療効果の判定ができます。

Back
TOP