X線TV部門

X線TV室

X線TV装置を2台設置しています。消化管検査(食道・胃透視・注腸等)や外科・整形外科、泌尿器科、婦人科系検査、内視鏡を併用した検査(内視鏡下胆管造影・大腸ファイバー・気管支ファイバー等)を行っています。

消化管透視造影検査

胃透視検査の概要

消化管透視造影検査(写真)胃透視検査は、発泡剤を飲んで胃を膨らませます。次に造影剤(バリウム)を飲みます。そして、胃壁に造影剤を付着させて検査を進めます。そのために、体を何度も動かしていただかなければなりません。検査は、概ね15分ほどかかります。

注腸検査の概要

消化管透視造影検査(写真)注腸検査は、肛門に管を挿入し、造影剤(バリウム)と空気を注入し、大腸の壁に造影剤を付着させて検査を進めます。そのために、体を何度も動かしていただかなければなりません。検査は、概ね30分ほどかかります。

外科・整形外科系検査

術後透視検査 経口造影剤を服用し、消化器手術後の通過状態を見ます。
イレウス管挿入 腸閉塞に対して腸内容物の除去・減圧を行います。
関節機能撮影 各関節の動きをX線透視を用いて観察します。
脊髄腔造影 脊髄腔に造影剤を注入し、脊髄の圧迫状態を見ます。
関節腔造影 関節腔に造影剤を注入し、関節部の損傷の有無・程度を見ます。
神経根ブロック 腰椎椎間板ヘルニア等による下肢の痛み・痺れに対して、神経根に痛み止めを注射します。
徒手整復 骨折・脱臼をX線透視を用いて整復します。

泌尿器・婦人科系検査

経静脈性腎盂造影 静脈注射をした造影剤が、腎臓~尿管~膀胱へと排泄されていく状態を撮影し形態を見ます。
膀胱造影 尿道から膀胱にカテーテルを挿入して造影剤を注入し、膀胱内部の状態を見ます。
排尿時膀胱造影 膀胱造影に引き続いて、排尿時に造影剤が尿管への逆流の有無・程度を見ます。
逆行性腎盂造影 膀胱鏡を使用して膀胱側からカテーテルを尿管に挿入し、造影剤を注入して尿管・腎盂の状態を見ます。
尿管カテーテル留置 尿管の狭窄・閉塞により、尿が腎臓から膀胱へ排出困難な場合にカテーテルを留置します。
子宮・卵管造影 子宮・卵管に造影剤を注入して、子宮・卵管の位置や形状、卵管の通過状態等を見ます。

その他・内視鏡等を用いたX線検査・手術

内視鏡的逆行性胆管膵管造影 内視鏡を用い、十二指腸乳頭部からカテーテルを胆管・膵管に挿入して造影剤を注入し形状・狭窄等を見ます。
内視鏡的経鼻胆管ドレナージ 胆管結石や狭窄等により胆汁排泄が悪い場合に、カテーテルを胆管~十二指腸~胃~食道~鼻へ通して胆汁を体外に排出します。
内視鏡的胆管ドレナージ・ステント留置 内視鏡下でカテーテルを胆管から十二指腸乳頭部に留置し胆汁排出がし易いようにします。又、胆管狭窄に対してステントと呼ばれる網目状の筒を留置する場合があります。
内視鏡的胆道結石除去 内視鏡下で十二指腸乳頭部を切開し、胆管に結石除去用のカテーテルを挿入して結石を除去します。
経皮的胆管ドレナージ・ステント留置 超音波を用い体表から直接胆管を穿刺して、カテーテルを挿入し胆汁を体外に排出します。又、胆管狭窄に対してステントと呼ばれる網目状の筒を留置する場合があります。
食道狭窄拡張・ステント留置 食道の狭窄部位をバルーンと呼ばれる風船で拡張します。又、拡張状態を維持する為に、ステントと呼ばれる網目状の筒を留置する場合があります。
Back
TOP