検体検査

検体検査について

 臨床検査は、病気の診断・治療・検診に使われる検査の1つで、大きく分けると『検体検査』と『生体検査』になります。
 人体から排泄される尿や便、体内をめぐっている血液や髄液、そして人体を構築している細胞を用いて検査を行っているのが『検体検査』」になります。
 検査する為には、検体に一定の量が必要になります。

基準値について

 基準値は健康と考えられる人の検査結果から統計を取り、そのうち95%の人の数値が含まれる範囲をいいます。
 いいかえれば、残りの5%の人は健康だと考えられるにもかかわらず、基準値の範囲から外れます。
 ですから基準値はあくまでも目安です。
健康と考えられている人の基準値の範囲イメージ

各臓器の働きと検査項目について

検体検査

Back
TOP