生理検査

生理検査は、患者さんに直に接して、体の機能や状態を調べます。代表する検査は、心電図や肺活量測定、エコー検査です。
この検査を受けられる患者さんは、まず検査受付へお越しください。検査内容を確認後、生理検査窓口へご案内します。

循環器関係

人の体には大小の血管が走っていて、心臓から出た血液は血管を通って体の隅ずみまで運ばれ、再び心臓に戻ります。この経路を担う心臓や血管を循環器と呼び、生理検査では下記のような検査項目を実施しています。

心電図

心臓の筋肉から発生する電気を、体の表面に電極をつけて記録し、その波形から心臓の状態を調べる検査です。
安静心電図・長時間心電図・ホルター心電図などの種類があります。いずれの検査も痛みはありません。

安静心電図

安静心電図イメージ検査にかかる時間:数分

もっとも一般的で、健康診断などでもよく使われています。心筋梗塞や狭心症などの虚血性心疾患や不整脈の検出に適しています。

長時間心電図

検査にかかる時間:3~5分

安静12誘導心電図を3分間記録します。不整脈などの検出に適しています。

≪ お願い ≫

皮膚に電極を直接つけますので、胸・両手首・両足首が出やすい衣服でお越しください。
また、体に力が入っていると正確な記録が取れないことがありますので、検査中は全身の力を抜いて、体を動かさないようにお願いします。

ホルター心電図【予約検査】

ホルター心電図イメージ日常生活中や夜間睡眠中の心電図変化をみる検査です。
胸に電極を貼り、小型の機械をベルトで腰につけ、長時間(8時間以上24時間以内)の心電図を記録します。
この時お渡しする行動記録用紙に、機械をつけてから外すまでの日常生活の記録を時間と共に書きとめてください。また症状があれば、用紙に記録してください。

≪ お願い ≫

機械は水に濡れると故障の恐れがありますので、装着中のお風呂・シャワーはご遠慮ください。
行動と症状の記録は検査結果の解析に必要なため、装着時から取り外すまでの間、できるだけきちんと記録していただきますようお願いします。
また、機械は必ずご返却ください。

自律神経

R-R間隔

検査にかかる時間:数分

糖尿病などに見られる神経障害の検出に適した検査です。

血管機能

足関節上腕血圧比(ABI)/血圧脈波検査(CAVI)イメージ

足関節上腕血圧比(ABI)/血圧脈波検査(CAVI)

検査にかかる時間:10分

足首の血圧と腕の血圧の比や脈の伝わり方を計測して、血管の詰まり具合や血管の硬さの程度を調べる検査です。

血圧測定【予約検査】

24時間血圧測定

24時間血圧測定イメージ携帯型自動血圧計を用いて、一定時間ごとに血圧を測定し、一日の血圧リズムやその変動を知る検査です。
この時お渡しする行動記録用紙に、機械をつけてから外すまでの日常生活の記録を時間と共に書きとめてください。また症状があれば、用紙に記録してください。

≪ お願い ≫

機械は水に濡れると故障の恐れがありますので、装着中のお風呂・シャワーはご遠慮ください。
行動と症状の記録は検査結果の解析に必要なため、装着時から取り外すまでの間、できるだけきちんと記録していただきますようお願いします。
また、機械は必ずご返却ください。

運動負荷【予約検査】

運動することにより心臓に負荷をかけ、運動中や運動後の心電図の変化を見る検査です。
この検査には、循環器内科の医師が同伴します。

≪ お願い ≫

  • 検査当日は、運動しやすい服装・靴でお越しください。
  • 女性の方は大きめのTシャツを1枚ご用意下さい。
  • 足や腰を痛めているなど、運動が難しい場合は検査の前に申し出てください。
  • 運動中に足腰の痛み、胸の痛み、めまいなどの症状が現れたり、息切れや運動を続けることが困難なときには遠慮なく申し出てください。

トレッドミル

イラスト検査にかかる時間:20~30分

心電計と血圧計をつけて、ベルトコンベアーの上で一定時間運動し、その間に起こる心電図や血圧の変化を見る検査です。

呼吸器関係

肺と気管支のイメージ肺に出入りする空気の量を測定して、呼吸困難の原因、呼吸器障害の程度を調べます。また、麻酔が必要な手術を受ける際にも必要な検査です。

≪ お願い ≫

正確な検査結果を得るには、患者さんのご協力が必要です。
検査技師の声に合わせて、出来る限り大きく吸ったり吐いたりしてください。

肺機能

肺活量

肺活量の結果イメージ

検査にかかる時間:数分

思い切り息を吸い込み、その息をできるだけ完全に吐き出したときの空気の量を調べたものです。
吐き出す量が減少すると、肺のふくらみが制限される病気が疑われます。

努力性肺活量(フローボリュームカーブ)

検査にかかる時間:数分

思い切り息を吸い込み、できる限り強く吐き出した時の最初の一秒間で吐き出せる空気の量を調べる検査です。吐き出す量が減少すると、気道に通過障害がある病気が疑われます。

薬物負荷後

検査にかかる時間:吸入後20分

気管支拡張薬を吸入し、吸入前後の検査結果の変化を調べます。

精密肺機能【予約検査】

肺に出入りする空気の量を測定します。
体に無害な、特殊な成分の空気を用いることにより多くの情報が得られ、詳しい呼吸障害の程度がわかります。
機能的残気量、肺拡散能やクロージングボリュームなどの種類があります。

残気量測定(FRC)

検査にかかる時間:10~20分

体に無害な、特殊な成分の空気を一定時間吸って、その濃度を分析することにより、残気量(息をすべて吐ききっても肺の中に残っている空気の量)を求め、その値の変化をみて疾患を推定します。

肺拡散能力(DLCO)

検査にかかる時間:10~20分

体に無害な、特殊な成分の空気を短時間肺にためて、その成分の変化から肺胞で行われるガス交換の良し悪しを調べる検査です。

クロージングボリューム(CV)

検査にかかる時間:10~20分

肺に取り込まれた空気を、深呼吸して追い出し、その中の窒素ガスの濃度を分析して、末梢気道の閉塞の有無をみる検査です。

無呼吸検査【予約検査】

終夜睡眠ポリグラフィー検査(PSG)

終夜睡眠ポリグラフィー検査(PSG)イメージ

一日入院での検査です

睡眠時無呼吸症候群などの睡眠障害を診断するために行われます。
センサーや電極を全身に取りつけたまま眠り、脳波・眼球運動・筋肉の動きなどを測定します。

耳鼻科関係

耳の構造イメージ聴力検査は耳の聞こえ具合を調べるための検査です。病気の場所や程度がわかり、治療方針の決定に役立ちます。
標準聴力検査をはじめ、チンンパノメトリー・耳小骨筋反射などの種類があります。

聴覚機能

標準聴力

検査にかかる時間:10~15分

気導検査と骨導検査があります。
気導検査は、空気を経て鼓膜を振動させて聞き取る通常での聴力を調べています。耳の骨に振動を加えると、鼓膜を通さなくても音が直接神経に伝わって聞こえ ます。骨導検査は、このことを利用して、耳の後の骨に振動をくわえて主に神経(内耳)の聴力を調べています。

チンパノメトリー

検査にかかる時間:10~15分

耳に空気を入れ、圧の変化を測定し、鼓膜の張り具合を調べる検査です。主に中耳への音の伝達を調べます。

耳小骨筋反射(SR)

検査にかかる時間:10~15分

大きな音を聞くと、通常鼓膜が破れないよう耳小骨筋による反射で鼓膜がきゅっと動きます。この反射の程度を調べ中耳や内耳の音の伝達を調べます。また顔面神経麻痺などの検査にも用いられます。

語音聴力

検査にかかる時間:20分

言葉の聞き取りやすさを調べる検査です。ピーという音の変わりに、「あ」、「き」などの語音を用いて、聞き取りの検査をします。

聴性脳幹反応(ABR)【予約検査】

検査にかかる時間:90分

内耳から脳までの音の伝わりを電気的な反応とみる検査で、新生児や高齢者など、音が聞こえたかどうかを返事できない方に行なう聴力検査です。
また、音の伝わりが悪い場合に、どこに問題があるのかを明らかにするためにも行なわれます。

平衡機能

重心動揺検査の機械

重心動揺

検査にかかる時間:10分

体の重心の揺らぎを測定し、平衡機能を評価する検査です。めまいなどを訴えている方の揺れの特徴から、障害部位の推定ができ、診断の一助になります。

神経科関係

イラストけいれんや意識消失などの原因を調べるための脳波検査、神経麻痺やしびれの原因を調べるための筋電図などがあります。

脳波【予約検査】

脳波検査のイメージ

検査にかかる時間:60分程度

脳が働いているときには、微弱ながら電気が活動しています。
この電気活動を捉えるものが脳波検査です。
体に電気をかけるなどの刺激を与えるものではないため、痛みはありません。
異常波を出現しやすくするため、光刺激や過呼吸などの賦活法が行われることもあります。

≪ お願い ≫

頭に電極をつける際にペースト(のり)をたくさん使います。
検査後、洗髪室にて髪を洗うことができますので、タオルをご持参ください。

筋電図【予約検査】

誘発筋電図

誘発筋電図のイメージ検査にかかる時間:60分

体表から神経に電気刺激を行い神経の伝導速度を記録します。医師が行います。

誘発電位【予約検査】

体性感覚誘発電位(SSEP)

検査にかかる時間:60分

手や足の感覚神経に電気的な刺激を与えて、誘発される反応を記録するもので、手や足から脊髄、脳幹、大脳皮質に至る感覚神経の機能を見る検査です。医師が行います。

各種エコー検査【予約検査】

イラストエコー検査は、超音波(人間の耳に聞こえないほど周波数の高い音)を用いて、からだの状態を観察する検査です。
一般に、エコー検査は痛みや副作用を伴わない安全な検査です。
腹部エコー検査、心臓エコー検査、頚動脈エコー検査などの種類があります。

腹部・心臓・血管(頸動脈、上肢、下肢など)・体表(乳腺、甲状腺、耳下腺など)

腹部エコー検査 検査にかかる時間:20~30分
心臓エコー検査 検査にかかる時間:30~60分
頚動脈エコー検査 検査にかかる時間:15~30分
その他のエコー検査 検査にかかる時間:15~30分

≪ お願い ≫

  • タオル2枚と、それを入れるポリ袋1枚をご持参ください。
  • 腹部エコー検査の前は絶飲食です。
  • 予約時間が午前の方は、前日の午後9時以降は絶飲食です。
  • 予約時間が午後の方は、当日の午前8時以降は絶飲食です(お水、お茶は飲んでもかまいません)。

ソナゾイド造影腹部エコー

検査にかかる時間:60分

超音波検査用の造影剤ソナゾイドを用いて行う超音波検査です。医師同伴で検査を行います。

経食道心エコー

検査にかかる時間:60分

食道に胃カメラのような管状の探索子を飲み込んでもらい、食道から心臓の超音波検査を実施します。検査は医師が行います。

Back
TOP