医療安全に関する当院の基本方針と組織体制

医療の質と安全は最重要課題

医療における安全の確保は、医療を提供する者にとっての最重要課題です。
患者・家族の方々に安心して医療を受けていただけるように、当院では基本理念・基本方針に医療の安全を掲げ、個々の医療者とともに病院組織全体で医療の質の向上と安全の確保に努めています。

医療安全を推進する院内の組織体制

医療の安全を高めるために、当院では個々の職員の努力だけに頼るのではなく、医療安全管理委員会とその実働部隊としての医療安全管理室を設置し、各部署のセーフティマネージャー(医療安全現場責任者)とともに組織的な改善活動に取り組んでいます。

医療安全管理室の主な活動

医療に伴う有害事象の原因分析と安全対策の立案・実践

医療に伴って発生した有害事象(医療事故を含む)やヒヤリとした、ハッとした事象を病院職員に自主的に報告してもらい、その有害事象の原因や誘因を検討します。そして、有害事象を未然に防ぐ対策や有害事象による被害を小さくする対策などを立案し、周知の上、実行に移しています。

医療安全のための職員教育・研修活動

医療安全活動の啓発・普及のために、講演会や実技トレーニング、ワークショップ形式などの職員研修を企画し実施しています。また、個々のテーマで、職員への注意喚起や安全対策の周知のために「安全管理ニューズレター」を発行しています。

安全管理パトロールの実施

医療現場の危険箇所や場面を調査し、職員の安全活動の実践状況を確認して、現場への改善指導を行っています。

医療安全管理室のスタッフ

医療安全管理室のメンバーのほとんどは他の業務を兼務しており、人員や方法・経費の面で改善の余地がありますが、看護師の中から医療安全管理専従者を1人配置して、パワーアップしています。

室長 医師1名
副室長 看護師1名(医療安全管理専従)
スタッフ 薬剤師1名、 医事課3名、総務課1名、交代制医師1名
(要時:臨床工学技師1名、 臨床検査技師1名、診療放射線技師1名)

神戸市立病院医療事故公表基準

Back
TOP