調剤薬局へのご案内

後発医薬品変更後の当院への情報提供について

先発医薬品から後発医薬品へ処方を変更される場合は、下記の方法により情報提供をお願いします。

  1. 後発医薬品へ変更後、患者さんに説明書をお渡しいただくかお薬手帳に変更内容を明記していただくようお願いいたします。
  2. また、患者さんが次回当院を受診される際に、これらを医師に見せていただけるようご指導をお願いいたします。

ご不明な点がございましたら、当院薬剤部までお問い合わせください。
TEL:(078)576-5251(代表)

当院への疑義照会に関する取り決めについて

イラスト以前から処方の変更や一部内容修正に関する疑義照会の後、様々な要因で処方修正することができずに同じ処方を発行し、薬局さまが同じ照会をするという問題点が見られ、大変ご迷惑をおかけしています。
これらの問題点を解消するため、当院において次のような運用を実施させていただきます。

  1. 調剤薬局は処方内容を医師に疑義照会した後、患者へ処方薬の交付。そののち、処方変更などがあれば「処方せん内容疑義照会連絡票」に必要事項を記入し、当院にFAX送信する。
  2. 「処方せん内容疑義照会連絡票」に基づき薬歴を修正。

調剤薬局からの疑義照会は「処方せん内容疑義照会連絡票」を用いて、FAX送信をしていただくようお願いいたします。

FAX番号:(078)576-5358

ご不明な点がございましたら、当院薬剤部までお問い合わせください。
TEL:(078)576-5251(代表)

院外処方せんにおける一般名処方の実施について

平成24年度診療報酬改定により、医師が院外処方せんを交付する際、後発医薬品のある医薬品について一般名処方が行われた場合の加算が新設されました。
当院において、一部の採用薬品について一般名処方実施しています。ご了知いただきますようお願いいたします。

尚、上記リストに掲載されている薬品において、採用薬品の処方も可能としており、すべて一般名処方となるわけではございません。
一般名処方においては、先発品での調剤もジェネリック医薬品での調剤も可能です。

ご不明な点がございましたら、当院薬剤部までお問い合わせください。
TEL:(078)576-5251(代表)

Back
TOP