入院のご案内

入院手続き

イラスト

  1. 入院日決定
    入院日時が決定しましたら、電話で連絡させていただきます。ご返事は、できるだけ早くお願いします。なお、連絡はできるだけ早くいたしますが、場合によっては前日となりますのでご了承ください。
  2. 申込内容変更

    申込内容に変更があった場合は、至急ご連絡願います。

    1. 入院申込の取消し、延期:主治医まで
    2. 連絡先等の変更:入退院受付まで
  3. 入院日変更
    入院連絡の後、やむを得ない事情で入院日時を変更する場合がありますので、ご了承ください。
  4. 入院当日
    入院当日は、指定された時間にお越しのうえ、北館1階の正面玄関横の入退院受付で入院手続きをしてください。

入院に必要なもの

必要なもの 説明
入院誓約書 連帯保証人欄への記入押印もお願いします。
健康保険証等 提示のない場合は、自費扱いになるときがあります。
印鑑 スタンプ印は、避けてください。
診察券 お持ちの場合のみ。
差額個室利用申込書 個室を希望される場合のみ。
退院証明書 今回の入院日前3ヶ月以内に、他の医療機関で入院したことがある場合のみ。
※退院証明書を受取っていない場合又は紛失された場合は、入退院受付にお申し出ください。この証明書は、厚生労働省の指導により、各医療機関が退院時に発行することになっています。
患者様の健康・生活情報
(No.1)
入院後の治療や看護の参考にしますので、ご記入のうえ、病棟の看護師へお渡しください。強制ではありませんので、記入できる範囲内でご協力いただければ結構です。また、記入方法が分からない項目は、入院後に看護師がお尋ねしますので、空白のままで結構です。
洗面用具 洗面器、石けん、歯ブラシ、洗髪用具等
食器類 箸、スプーン、ポット(小さいもの)又は急須、湯呑み
日用品 スリッパ(滑りにくいもの)、タオル3~4枚、バスタオル2~3枚、下着、ハンガー、筆記具、ティッシュペーパー、濡れティッシュ(必要時)、ビニール袋(ゴミ入れ用 30cm×25cm)、洗濯ばさみ2個
お薬 現在服用されているもの全部

※手術を受けられる方は、入院時に看護師が説明します。
※持ち物は、必要最小限にお願いします。
※持ち物は、名前の記載をお願いします。
(注)入院予約の際に「入院のご案内」と一緒にお渡しします。

お持込をお断りしているもの

  1. 携帯電話、電気製品(テレビ、電気ポット、小型冷蔵庫等、パソコン)は、医療機器の使用に支障をきたしますので、固くお断りいたします。
  2. 電気毛布やアンカ等は、原則としてお断りいたします。
  3. 高額な金銭、貴重品は、盗難予防のためできる限りお持ちにならないでください。
  4. ゴミ箱はお持ちにならないでください。
  5. タバコは、病院の敷地内全面禁煙のため、お持ちにならないでください。

入院生活について

※当院は、厚生労働省の定める看護の基準、食事療養の基準、寝具等の基準を実施しています。

消灯
  1. 消灯は、午後9時30分です。
  2. 消灯時間後は、他の患者様の迷惑にならないよう、お静かに願います。
面会
  1. 入院先は、北館1階の入退院受付(夜間・休日の場合は、北館1階の救急受付)でお尋ねください。
  2. 面会時間は、次のとおりですので厳守してください。
    平日:午後3時~午後8時
    土・日・祝:午前10時~正午、午後3時~午後8時

    ※新生児の面会は産科のしおりをご覧ください。
  3. 特別の事情により面会時間以外に面会をご希望の方は、ナースステーションにお申し出ください。
  4. 面会時間や面会できる方は、患者さんの症状により異なります。
  5. 多人数の面会は、同室の方の迷惑になりますのでご遠慮ください。
  6. お子様の面会は、感染の恐れがありますのでお断りいたします。
喫煙
(敷地内禁煙)
敷地内全面禁煙となっています。
※入院治療される方には禁煙を強くお勧めいたします。喫煙は、狭心症・心筋梗塞などの循環器疾患、慢性閉塞性肺疾患・肺癌などの呼吸器疾患をはじめ多種多彩な疾患を引き起こします。また、感染への抵抗力も低下させます。とくに手術を受けられる方の場合、「痰の増加や肺炎の併発などの呼吸器系合併症」、「狭心症、心筋梗塞、不整脈などの循環器系合併症」、「手術創の感染や治癒の遅れ」を引き起こす危険性が高くなりますので、入院する前からの禁煙が望ましいことになります。また、ご本人に喫煙習慣がなくても同居されている家族の方の喫煙による「受動喫煙」も同様に悪影響をもたらしますので、ご家族の皆様の協力もお願いいたします。
貴重品
  1. 高額な金銭、貴重品はできる限りお持ちにならないでください。
  2. 貴重品等は自己管理してください。
  3. 貴重品等の保管は「簡易保管箱」をお使いください。(P8参照)
    ※盗難・紛失に対して、病院は一切責任を負うことはできません。あらかじめご了承ください。
診断書
  1. 入院中は、主治医に依頼してください。
  2. 退院後は、北館1階の新患受付で申請してください。
    ※申請の際には診察券をお持ちください。
その他
  1. 主治医、看護師その他の職員の指示に従ってください。
  2. 都合により病室を変っていただく場合がございますので、ご了承ください。
  3. 散歩・外出・外泊は、必ず主治医の許可を受けてください。
  4. 院内感染防止のため、手洗いを心がけてください。
  5. 飲酒、けんか、賭け事等は、固くお断りします。
  6. 病衣のままで、院外へ出ないようお願いします。
  7. テレビ・ラジオをご使用になる場合は、同室者の迷惑にならないようイヤホーンを用してください。
  8. 洗濯物は、なるべくお持ち帰りください。
  9. 謝礼等は、お受取りできかねますのでご了承ください。
  10. 入院生活のきまりに反した場合は、退院していただくことになります。
  11. 意見箱を各病棟の展示コーナーに設置しています。ご意見・ご要望がありましたら、ご利用ください。回収は事務局の職員が行っています。

退院手続き

会計 主治医から退院許可が出れば、手続きいたします。病棟の看護師から連絡がありましたら、北館1階の入退院受付に、お越しください。ただし、土・日・祝日に退院される場合は、その直前の平日にお支払いください。
お薬 会計終了後に、病棟でお渡しいたします。
予約 退院手続き後、病棟で退院後の予約票をお渡しいたします。
寝具等 寝具等のお貸ししたものについては、返却してください。
退院 退院手続き終了後は「退院手続き完了通知書」を受取り、ナースステーションに提出して退院してください。当院は救急患者受入病院のため、午前中に退院していただくようになっていますので、ご協力をお願いいたします。

院内設備の利用について

簡易保管箱

病室ベッドの横にある床頭台の引き出しに、簡易保管箱を設置しています。
無料でご利用いただけますので、貴重品等の保管にご自由にお使いください。

ご利用の際は、下記のことに注意されるとともに、保管箱のフタに記載しています内容をよくお読みください。

注意事項

  1. 使用に際しては、必ず鍵をかけて、鍵の自己管理をお願いします。
  2. カギの取扱いには、十分ご注意ください。
    病院内に同一のカギはありません。カギを紛失された場合は、業者が来るまでお待ちいただくことになります。この場合、日曜・祝日については、翌日までお待ちいただくことになりますが、平日においても翌日までお待ちいただくことがありますので、あらかじめご了承ください。
  3. 盗難などに対して、病院は一切責任を負いません。
    多額の金銭、高額な貴重品等は、入れないようにしてください。
  4. 退院時には、必ず確認してください。
    保管箱内に忘れ物がないかご確認の上、カギをカギ穴に差し込み、保管箱のフタを開けたままの状態で退院してください。

使用方法

  1. 閉め方
    • フタの取っ手を矢印の方向に「カチッ」と音がするまで引いてください。
    • カギを抜いて、フタが閉まっているかどうか、必ず確認してください。
  2. 開け方
    • カギを差し込んで、右に回してください。

その他

設備 設置場所 利用方法 料金
テレビ 全室 プリペイドカード 60円/時間(1分/1円)
冷蔵庫 全室 プリペイドカード 1日200円
個室電話 特等室・1等室 プリペイドカード 公衆電話と同じ
洗濯乾燥機(一体式) 6~11病棟のデイルーム北側 プリペイドカード(100円硬貨) 200円/回
洗濯機・乾燥機 5階病棟のデイルーム北側 プリペイドカード(100円硬貨) それぞれ1回100円
公衆電話 各病棟のデイルーム内
(各1台)
テレホンカード・硬貨 一般の公衆電話と同様

プリペイドカードについて

  1. 各病棟のデイルームにあるプリペイドカード販売機で、1枚1,000円にて販売しています。
  2. 残金の払戻しは、北館1階救急受付前にある精算機でできます。ただし、10円未満の端数は、精算できません。
Back
TOP