新着情報

西市民病院開院50周年記念特別講座を開催しました

お知らせ

さる10月31日(土)、西市民病院市民公開講座「開院50周年記念特別講座」を開催いたしました。
当日は、感染対策のため手指消毒とマスクの着用を徹底するとともに、ソーシャルディスタンスを確保したうえで、当院医師による講演と兵庫県健康財団会長 家森幸男先生の特別講演を下記のとおり開催いたしました。
特に家森先生からは、身近なテーマで、様々なデータを用いた分析をわかりやすくお話しいただきました。
なお、新型コロナウイルス感染症感染防止のため、会場は定員の半数以下という設定で市民の皆さまの参加を募集いたしましたが、予想を上回るお申し込みをいただきました。このため、当初予定していた神戸市医師会館から神戸新聞松方ホールに会場を変更いたしましたが、それでも定員を大幅に上回るお申し込みをいただいたため、多数の方のお申し込みをお断りせざるを得ませんでしたことをお詫びいたします。

■開催日時・会場
2020年10月31日(土)14:00~16:25  神戸新聞松方ホール

■講演
「認知症へのそなえ~認知症となっても困らないように~」
 当院認知症疾患医療部長・脳神経内科部長・認知症疾患医療センター長 木原 武士 医師
「手術支援ロボットda Vinciの時代から外科治療の現在・過去・未来を観(み)る」
 当院院長代行・泌尿器科部長 中村 一郎 医師

■特別講演
「健康寿命は自分で延ばせる ― 尿を測って認知症も防げるか?」
 公益財団法人兵庫県健康財団会長
 武庫川女子大学国際健康開発研究所長 家森 幸男 先生

会場の様子
家森先生による特別講演
木原医師による講演
中村医師による講演
Back
TOP