看護部長のあいさつ

看護部長あいさつ

院長補佐兼看護部長 認定看護管理者 濱本 カナコ

院長補佐兼看護部長
認定看護管理者
濱本 カナコ

西市民病院は神戸市市街地西部の中核病院として、市民の生命と健康を守るため、毎日24時間救急医療及び高水準の標準的医療を提供しています。そして、西市民病院は、地域医療支援病院、急性期病院として市民や地域の医療保健福祉関連機関から信頼されるよう勤しんでいます。
2018年度は、救急車応需の向上、眼科手術再開、認知症疾患医療センターの開設、病院機能評価受審など、地域社会への責任を果たしてきました。さらに、「生活の視点」を大切に、患者さんが住み慣れた地域で安心して生活できるよう支援してきました。
2019年度は、脳神経外科が新設されること、重症部門の在り方が検討されることになり、より一層急性期病院としての役割発揮が求められます。大きく変革の風が吹いている時です。看護部門にとっては厳しい局面もありますが、変革を恐れず、変化に向き合っていきます。なぜならば、「患者中心の優しさとぬくもりがある質の高い看護を提供する」西市民病院看護部理念があるからです。
西市民病院看護部は、地域特性を踏まえた、私たちだからこそできる心のこもった看護を提供し続けたいと思います。

平成31年4月1日

看護部組織図

平成31年4月1日

看護部組織図

Back
TOP