看護部長のあいさつ

看護部長あいさつ

副院長兼看護部長
別府 清香

 西市民病院は神戸市市街地西部の中核病院として、市民の生命と健康を守るため、毎日24時間救急医療及び高水準の標準的医療を提供しています。そして、地域医療支援病院、急性期病院として地域の医療保健福祉関連機関と連携し、市民の皆さまが住み慣れた地域で安心して暮らせるように支援しています。
 西市民病院の看護部は「患者中心の優しさとぬくもりがある質の高い看護を提供する」という理念のもと、臨床実践に強いナースを育成することを方針に掲げ、人材育成に取り組んでいるところです。クリニカルラダーのステップに応じた多方面での集合研修やOJTを実施し、特にフィジカルアセスメント力、倫理感性を高めることや、災害看護や在宅支援に関する実践力を強化するための研修を企画し、個々のキャリアアップを支援する体制を整えています。また、当院の特徴である高齢者や認知症患者の看護ケア能力を高めることにも力を入れています。
 令和2年は地域包括ケア病棟を一般急性期へ機能転換し、救急外来を一部改修し効率的な救急外来の運用を図るなど急性期機能を強化してきました。また夜間看護補助者を導入し、看護師と看護補助者間でタスクシフトを進めているところです。
 昨年から始まった新型コロナウイルスとの闘いは未だ収束の目途は立ちませんが、私たち西市民病院は救急医療を続けながら、時には新型コロナウイルス感染症の対応を優先しつつ市民病院としての役目を果たして行くつもりです。そして、こういう時だからこそ私たちにできる『患者に寄り添う心のこもった看護』を提供していきたいと思います。

令和3年4月1日

看護部組織図

平成31年4月1日

看護部組織図

Back
TOP