看護部長のあいさつ

看護部長あいさつ

院長補佐兼看護部長 認定看護管理者 濱本 カナコ

院長補佐兼看護部長
認定看護管理者
濱本 カナコ

西市民病院は神戸市市街地西部の中核病院としての役割を果たすとともに、年間を通じた24時間体制での救急医療および高水準の標準的医療を提供しています。
また、医療・保健・福祉等の関係機関との連携を図り、地域の方々が安心して療養生活が送れるように支援し、地域で暮らす人々の健康を支えるなど、医療と介護の架け橋となれる病院を目指しています。今年度は、病床の編成を検討し在宅支援に力を入れる病棟を導入する予定です。地域特性を踏まえ、特に高齢者の方が安心して地域に戻ることができるよう支援したいと考えています。近隣には訪問看護のスペシャリストも多く、ケアマネジャーその他関連職種との顔の見える連携も強化し、地域で困ったことも共に解決し、患者さん、家族に寄り添える看護を提供し続けたいと思います。

教育面では“臨床実践につよいナース”を育成することを方針に掲げ、クリニカルラダーのステップに応じた多方面での集合研修や、OJTを実施しています。特にフィジカルアセスメント力を高めることや、在宅支援、高齢患者や認知症患者に対応する実践力を強化していくことを目標にした研修を企画し、個々のキャリアアップを支援する体制が整えられていることは、当院の強みの一つと考えます。

併せて、チーム医療を積極的に進めていることも当院の強みです。職種間の垣根は低く、一人の患者を中心として、医師・看護師・コメディカルが知恵を出し合い、相談し合える関係にあります。当院には、専門看護師4分野5名、認定看護師6分野7名がおり、チームの要として活動しており頼もしい存在です。今年度は、救急看護認定看護師、認知症看護認定看護師も誕生する予定です。

看護部では、すべてのスタッフがWLBを実現でき、西市民病院で働いて良かった、これからも働き続けたいと思える環境を創っていきたいと考えています。すべてのスタッフが生き生きと輝き続けることが、人材の育成、定着に繋がり、安全で質の高い看護サービスを提供することに繋がると考えるからです。この春、院内保育所「ひまわり保育園」も開設の運びとなりました。子育て中の人でもそうでない人も、自身のWLBを大切にし、そして仲間のWLBも大切にできる職場を創っていきたいと思います。

また、看護部では病院の基本方針を基に「患者中心の優しさとぬくもりのある質の高い看護を提供する」という理念を掲げ、看護職員が一丸となって、この理念に近づくよう切磋琢磨しています。しかし、看護の仕事はやり甲斐ばかりではありません。寄り添うことに苦しみ、悲しみ、逃げ出したくなることもあるでしょう。そんなときに支え合える仲間が西市民病院にはいます。私は、そんなスタッフを支え続けていきたいと思います。

平成29年4月

看護部組織図

平成29年4月1日

看護部組織図

Back
TOP