継続教育

はじめに

継続教育のイメージ図

神戸市立医療センター西市民病院では、看護職員の臨床実践能力を看護実践能力、マネジメント能力、人間関係能力・教育・研究能力の4側面で捉えています。
そして一人ひとりの看護職員が目標をもって、自己の能力やライフステージに応じてキャリア開発ができるように、教育プログラムを企画し組織的にサポートしています。

当院の能力開発(継続教育)について

看護部の理念である「患者中心のやさしさとぬくもりのある質の高い看護を提供します」を実践していくためには、ジェネラルナースの育成が必要と考えています。   
また、「一人ひとりの看護職員が専門職業人として成長し、職業を通して自己表現できること」を目的として、クリニカルラダー(個々の看護師が現在の臨床実践能力を評価し、次のレベルに向けて主体的なキャリア開発の指標となる)と、目標チャレンジシステム(職務を通して組織に貢献し自ら成長する)を取り入れています。

当院が求める看護職員像

  • 人間性を尊重でき、倫理感性の高い看護職
  • 根拠に基づいた判断をし、行動できる看護職
  • 専門職としての意識を持ち、学び続ける看護職
  • 他職種と協働できる看護職
  • 組織に貢献できる看護職

看護職員育成の目標

病院・看護部の理念や方針に基づき、豊かな人間性、高い倫理観、深い専門知識を追求する姿勢をもち、理論を実践に統合できる看護師を育成する。
(1)看護の対象者の権利と人権を尊重できる人間性豊かなナース
(2)臨床実践能力の向上に自己研鑽できるナース
(3)理論に基づいた安全で確実な看護技術が提供できるナース
(4)問題意識を持ち、研究的視点で看護を創造できるナース
(5)自身の仕事に誇りと責任を持ち自立的に行動出来るナース
(6)自らの役割を自覚し他職種と協働できるナース

院内教育研修について

基礎研修

卒後1~3年目の看護師が対象となる必須研修です。基礎となる知識・技術の習得は、日々の看護実践(OJT)を通して学び、卒後年次ごとに振り返りや次の課題を見出すための集合研修を実施しています。

目標・ねらい

  • 基礎的な知識と技術の習得
  • 医療を受ける人々の理解とコミュニケーション
  • 救急蘇生の基本的知識の理解と実践で活かす
  • 安全な看護の提供
  • 看護継続性に責任を持ち、役割を果たすことができる
  • 看護観、看護を探求する
卒後1年目
卒後2年目
  • フィジカルアセスメント(6・7・8月)
  • 感染看護II(9月)
  • 安全研修(1月)
  • 看護倫理&修了会(2月)
卒後3年目
  • ケースレポートの取組み(5月)
  • 在宅支援(6月)
  • フィジカルアセスメント(9月)
  • 感染看護III(10月)
  • ケースレポートの発表(11月)
  • リーダーシップ研修&基礎研修修了会(2月)

中堅者研修

医療チーム内での看護のリーダーシップがとれること、部署において教育的役割が果たせることを目標にした研修です。
自己のキャリアアップにもつながります。

5年目研修 看護倫理(12月)
10年目以上研修 看護を語ろう(8月)

臨床実践研修

クリニカルラダーの段階別に研修を企画しています。
ジェネラルナースとして幅広く知識・技術の習得を目指し、さらにステップアップできることを目指しています。

看護実践能力
  • ストマケア
  • 褥瘡ケア
  • リハビリ(移乗・移動)
  • 目指せこころケアの達人(うつ・認知症・せん妄)
  • 看取りケア
  • フィジカルアセスメント(意識障害・ゼプシス・腹部・呼吸・循環)
  • 周手術期看護
組織的役割遂行能力
  • 災害看護
  • 暴露対策と感染管理
  • 在宅支援
自己教育・研究能力
  • 新人教育担当者研修(4回)
  • プリセプター研修(4回)
  • 臨床指導者研修
  • 看護研究にチャレンジ(4回)
  • ファシリテーター研修

専門領域研修

各専門領域におけるスペシャリストや専門看護師・認定看護師が中心となって研修を行っています。(臨床実践研修の内容も含まれます。)

糖尿病看護 糖尿病看護
がん看護
  • がん化学療法 基礎編・応用編・シャドーイング
  • がん性疼痛看護①②
Back
TOP