地域医療部のご案内

基本理念

地域の中核病院として、医療・保健・福祉等の関係機関との連携を図り、市民が安心して療養生活が送れるように支援し、地域社会や地域で暮らす人々の健康を支えるなど医療と介護の架け橋となる。

基本方針

  1. 病院の基本方針である、地域社会との連携を強化し、在宅医療を支援する。
  2. 救急医療の充実を図るため、効率的な退院調整を実践し、在院日数を短縮する。
  3. 地域医療機関からの患者紹介の受入、地域医療機関への患者紹介、入院患者の退院調整、外来患者の療養調整など、患者・家族の支援を推進する。
  4. 訪問看護ステーションとの連携強化を始めとする地域の看護・介護従事者等の在宅支援機能の質的向上に資する取組みを推進する。

運営方針

患者サービスの向上を図り、多様化する医療ニーズに対応するため、また高齢者の多い地域において、地域の医療・保健・福祉との連携による、在宅医療推進体制を強化し、地域の中核となる病院を目指す。

在宅で療養する方とその家族が、住み慣れた地域で、その人らしい生活が送れるよう、医療職・介護職・福祉職・ボランティアなどの方々と連携をとり、そのなかでも、何らかの疾患や障害がありながらの生活を支えるために、入院・外来患者を問わず、医療ソーシャルワーカ(MSW)、看護師が支援を行う。

住民が地域で生活ができるよう、院内外の医療従事者、介護・福祉従事者を支援し、時に地域へ出向き、医療、介護の架け橋となる。

地域医療部の組織

地域医療部の組織図

地域医療部の組織図

地域医療在宅支援室の業務内容

I.地域医療推進業務

  • 地域医療機関との連携
    • 医師会との連絡調整
    • 患者紹介・逆紹介
    • 市民病院群の連携
  • 院内外との情報交換、発信
    • 機関誌(西市民病院だより)発行
    • 病院機能案内発行
    • オープンカンファレンスの開催
  • 市民に対する地域貢献
    • 市民公開講座の開催
    • 糖尿病教室の開催
    • 禁煙教室の開催

II.病診・病病連携業務

  • 他病院からの転院相談、受入調整(身体合併症への受入調整)
  • 大腿頸部骨折等、地域連携パスの運用
  • 当院外来・検査のFAX予約、認知症鑑別診断の予約
  • 紹介・逆紹介患者統計
  • 診療情報、報告書等の文章作成状況の管理

III.退院調整業務

  • 在宅医療、介護に関する相談
  • 在宅療養に向けての調整
  • 訪問看護ステーションへの紹介・調整
  • かかりつけ医の紹介と在宅医療に関する調整
  • 社会福祉制度などについての相談
  • 健康保健の手続きについての相談
  • 各福祉部、保健部等との連絡調整
  • 施設入所や他病院への転院に関する調整

IV.在宅支援業務

  • 通院患者の療養調整(退院調整業務に準ずる)
  • 訪問看護師との同行訪問の調整
  • 退院前訪問の調整
  • 院内外の看護師、介護職員等の研修計画
    • 院内看護師の研修会開催やシャドーイングの計画(看護部教育委員会協働)
    • 訪問看護師の研修受入、当院看護師の訪問看護ステーションへの研修調整(同上)

V.病看護・病介護連携業務

  • 医療・介護・福祉従事者からの相談機能システムの構築
    • 連携強化のためのニーズ把握
    • 地域医療者との情報交換会の開催
    • ケアマネジャー連絡会、地域包括センター等との情報交換会の開催
Back
TOP