代表番号

TEL:078-576-5251

FAX:078-576-5358

フリーワード検索

診療科を探す

診療受付時間

当院を受診いただく際に、できるだけ
かかりつけ医の「紹介状」をお持ちください。

すでに他の病院や診療所にかかっておられる症状に対して、初診で当院の受診を希望される方は、他院からの紹介状をお持ちいただくことをお勧めいたします。なお、当院を他院からの紹介状なしに初診で受診される場合、非紹介患者初診料加算金(選定療養費)として、5,000円(歯科口腔外科のみ3,000円[税込])をご負担いただいております。
皆様のご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。
※2022年10月から、当院の選定療養費が変わります。詳しくはこちらをご覧ください。

受付時間 8:30~11:45

受診される診療科によって受付終了時間が異なりますので、
こちらから詳細をご確認ください。

外来診療日

月曜日〜金曜日

休診日:祝休日・年末年始(12月29日~1月3日)

救命救急外来の受付は24時間行っています。

面会時間

平日
15:00~20:00

土・日・祝
10:00〜12:00、15:00~20:00

フリーワード検索

診療科を探す

キービジュアル

疾患・症状説明DISEASE

原発性腋下多汗症

夏場の暑い時にはたくさんの汗をかきますが、それ自体は正常な反応です。しかしながら日常生活に支障をきたす程の発汗は多汗症という病気の可能性があります。手のひら、足の裏、腋下などに発汗の多い局所性多汗症はストレス、緊張などのメンタル的な要素があると言われています。ナイーブな思春期の学生さん、ストレスを感じやすい女性などに多いと言われています。今回は腋下の多汗症、原発性腋下多汗症の治療について話します。

当院での治療法は外用薬、内服薬、注射です。

外用薬は塩化アルミニウムやエクロックゲルという薬です。汗腺を変性させる事で効果が出ると言われております。即効性はありませんが根気よく続ける事で効果がでてきます。汗が出ていない乾燥している状態で外用しましょう。ただかぶれる事があるので注意しましょう。

内服薬でよく使われるものはプロバンサインです。副交感神経から出る伝達物質であるアセチルコリンを抑制する作用があります。プロバンサインは基本的には長期に内服する薬ではなく、汗をかきたくない状況のとき(プレゼン、会議など)に使用します。1時間程で効果が出て4,5時間程持続します。プレゼンなどの1時間前に飲むのが良いでしょう。

内服しているうちに使い方のコツがわかってくるはずです。副作用は主に口の渇きです。

ストレスの要素が強い場合には抗不安薬を使ったりもします。

注射薬はボトックスという薬です。ボツリヌス菌がつくる毒素を有効成分としており発汗抑制作用があります。注射をするとだいたい1週間で効果がでます。6から9か月間効果が持続します。そのため、春頃に注射をして厳しい夏場を乗り切るという患者さんが多いです。片方に25か所、両脇で50か所も注射します。できるだけ痛くないように細い針を使います。また御希望によって注射前にアイスパックでワキを冷やして痛みを感じにくくする事も出来ます。難点は高額である事ですが保険適用です。

以上当院での原発性腋下多汗症についてお話しさせて頂きました。

対象の診療科

一覧へ戻る

〒653-0013
神戸市長田区一番町2丁目4番地
地図で見る Tel: 078-576-5251 Fax:078-576-5358

地図で見る