代表番号

TEL:078-576-5251

FAX:078-576-5358

フリーワード検索

診療科を探す

診療受付時間

当院を受診いただく際に、できるだけ
かかりつけ医の「紹介状」をお持ちください。

すでに他の病院や診療所にかかっておられる症状に対して、初診で当院の受診を希望される方は、他院からの紹介状をお持ちいただくことをお勧めいたします。なお、当院を他院からの紹介状なしに初診で受診される場合、非紹介患者初診料加算金(選定療養費)として、5,000円(歯科口腔外科のみ3,000円[税込])をご負担いただいております。
皆様のご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。
※2022年10月から、当院の選定療養費が変わります。詳しくはこちらをご覧ください。

受付時間 8:30~11:45

受診される診療科によって受付終了時間が異なりますので、
こちらから詳細をご確認ください。

外来診療日

月曜日〜金曜日

休診日:祝休日・年末年始(12月29日~1月3日)

救命救急外来の受付は24時間行っています。

面会時間

平日
15:00~20:00

土・日・祝
10:00〜12:00、15:00~20:00

フリーワード検索

診療科を探す

キービジュアル

疾患・症状説明DISEASE

一次性ネフローゼ症候群

疾患概要

ネフローゼ症候群とは尿の中に、本来必要なたんぱく質が大量に漏れ出るだめに、血液中のたんぱく質が低下し、むくみなど様々な症状を引き起こす疾患です。
ネフローゼ症候群のうち、糖尿病などの他の疾患が原因でネフローゼ症候群をきたすものを二次性ネフローゼ症候群といい、明らかな原因がないものを一次性ネフローゼ症候群といいます。
主な一次性ネフローゼ症候群として「微少変化型」「巣状文節性糸球体硬化症」「膜性腎症」「膜性増殖性糸球体腎炎」が挙げられます。

原因

遺伝や異常な免疫反応などが関わると考えられていますが、その原因は未だ明らかではありません。

症状

血液中のたんぱく質が減少することで、体内に余分な水分が溜まります。そのため主にむくみや体重増加が起こります。重度の場合は、胸水や腹水が貯留し呼吸困難や腹部膨満感が起こることがあります。
 さらに症状が悪化すると腎機能の悪化や、血栓症などを起こすことがあります。

診断

たんぱく尿の増加、血液中のたんぱく質の減少があることを尿検査・血液検査で確認する必要があります。
 一次性ネフローゼ症候群の中で、どの種類か特定するには、「腎生検」という検査が必要になります。

治療法

むくみをとるために塩分制限や利尿薬を使います。種類によってはステロイド治療や免疫抑制薬を使用ます。そのほか、症例によってはLDLアフェレーシスという血液浄化療法を行います。

対象の診療科

一覧へ戻る

〒653-0013
神戸市長田区一番町2丁目4番地
地図で見る Tel: 078-576-5251 Fax:078-576-5358

地図で見る