救急総合診療部・集中治療部

救急総合診療部

当院の救急診療の概要

救急診療実績

  • 救急受診患者数および救急入院患者数

    当院は 2000年5月復興開院当初より内科系・外科系の2診療科が毎日一次・二次救急対応の救急診療体制をとっています。また、小児科は当初平日時間外の延長診療で救急患者対応を行っていましたが、2006年度からは2次救急病院輪番制に参加して小児の2次救急に対応しています。

    2000年5月復興開院以降、救急受診患者数ならびに救急入院患者数は増加しましたが、2006年頃より医師不足の深刻化のために救急患者の受け入れ制限を余儀なくされ、救急受診患者数は大きく減少しました。
    その後、医師の増員等に努め、2013年9月より内科・外科系の全日24時間救急診療体制を再開し患者数は増加しましたが制限前までの回復はありませんでした。
    2018年からは救急車応需率の改善を図り、救急車による受診は大幅に増加していますが、walk-in患者の減少もあり救急受診患者総数は微増に止まりました。(グラフ1)

    2009~2018年度の年度別救急受診患者数 (walk-in患者数・救急車搬入患者数)の推移グラフ

    グラフ1.2009~2018年度の年度別救急受診患者数 (walk-in患者数・救急車搬入患者数)の推移

    グラフ2は救急車受け入れ件数の年次推移を示しています。
    2009年度以降、救急患者の受け入れ制限を実施していた時期でも救急車の受け入れに努めました。その後、救急車搬入件数は増加してきましたが、2016年度は少し減少しています。
    2018年は上記のように応需率の上昇により 3,195人まで大幅に増加しています。

    2009~2018年度の年度別救急車受け入れ件数の推移グラフ

    グラフ2.2009~2018年度の年度別救急車受け入れ件数の推移

    表1は2018年度の救急受診患者数と受診方法の違いによる入院率の比較を示しています。
    救急車による搬送患者の救急入院率は40.5%、それ以外の救急受診患者の救急入院率は14.9%でした。

    表1.2018年度の救急受診患者数、入院患者数と受診方法の違いによる入院率の比較
    総数 受診方法
    救急隊による搬送 その他
    救急受診患者 15,009人
    (一日平均 41.1 人)
    3,749人
    (一日平均 10.3 人)
    11,260人
    (一日平均 30.8 人)
    救急入院患者 3,195人
    (一日平均 8.8 人)
    1,520人
    (一日平均 4.2 人)
    1,675人
    (一日平均 4.6 人)
    救急入院率 21.3% 40.5% 14.9%
    一般外来からの
    緊急入院患者
    1,133人
    (1日平均 3.1人)
    1,133人
  • 救急受診患者の概要
    地域別には長田区、兵庫区、須磨区の患者が80%以上を占めていますが、5%程度の患者が神戸市外から救急受診されています。
    年齢別には70歳以上の患者が救急受診患者の25%以上を占め、救急入院患者の50%以上を占めています。
    疾患別には、肺炎などの呼吸器疾患、心不全などの循環器疾患や各種消化器疾患をはじめとして、いろいろな内科的な病気の他に、外傷(ケガ)、耳、鼻、のどなどの病気、小児の急病などがみられます。ただし、多発外傷や重度の熱傷、心臓血管外科や脳神経外科的治療を必要とする疾患は市内の3次救命救急センターや2次救急輪番群専門病院などが対応していますので、当院では適切な治療のできる病院を紹介しています。また、精神科疾患の救急対応も専門病院にお願いしています。

救急診療体制

  • 概要
    * 当院では本館4階に救急病棟と集中治療室を設置しています。救急病棟は15床(2019年8月からは13床予定)で、集中治療室は5床(2019年8月からは高度治療室7床予定)を配置しています。
    * 救急診療は各診療科の医師、看護師、コメディカルが協力してチーム医療を推進しています。病棟看護部門は2交替制で看護にあたっています。
  • 平日時間外・休日救急外来診療業務従事者
    医師 内科系2名、外科系1名、ICU担当1名、研修医1~2名
    小児科1名(月6~8回の2次救急輪番日に対応)
    診療科によっては毎日救急オンコール体制をとり、救急診療を補完しています。
    看護師 師長1名、看護師3~4名
    緊急手術時などにはオンコールによる応援体制で、診療・看護業務を補完しています。
    薬剤師 1~2名
    放射線技師 1名
    臨床検査技師 1名
    受付事務職員 2~3名

救急外来受診に際してのお願い

(厚生労働省HPより引用 一部改変)

現在、休日や夜間において、軽症の患者さんの救急医療への受診が増加し、緊急性の高い重症の患者さんの治療に支障をきたすケースが発生しており、そのことが病院勤務医の負担が過重となる原因のひとつにもなっています。
必要な人が安心して医療が受けられるようにするとともに、最終的に保険料や窓口負担として皆様に御負担いただく医療費を有効に活用するため、医療機関・薬局を受診等する際には、以下のことに留意しましょう。
* 休日や夜間に開いている救急医療機関は、緊急性の高い患者さんを受け入れるためのものです。休日や夜間に受診しようとする際には、平日の時間内に受診することができないのか、もう一度考えてみましょう。
* 夜間・休日にお子さんの急な病気で心配になったら、まず、子ども医療電話相談(#8000)の利用を考えましょう。小児科の医師や看護師からお子さんの症状に応じた適切な対処の仕方などのアドバイスが受けられます。 大人の場合は電話相談窓口「救急安心センター事業(♯7119)」を利用できます。
* かかりつけの医師を持ち、気になることがあったらまずはかかりつけの医師に相談しましょう。
* 同じ病気で複数の医療機関を受診することは、控えましょう。医療費を増やしてしまうだけでなく、重複する検査や投薬によりかえって体に悪影響を与えてしまうなどの心配もあります。今受けている治療に不安などがあるときには、そのことを医師に伝えて話し合ってみましょう。
(引用終わり)

救急外来での診療は時間内の診療の代替にはなりません。本院の診療時間内には医師だけでも30名以上、総勢100名以上の医療従事者が外来業務に携わり夜間、休日の診療体制とは全く異なります。救急外来の目的は通常診療時間まで時間的余裕の無い病態がないか選別する事が大部分を占めます。救急外来での「大丈夫と思います」は通常外来に受診する迄は余裕があると思います との意味です。投薬も必要期間では無く次の通常診察が受けられるまでの日数しか出しませんので注意して下さい。

救急総合診療部の活動

基本方針

患者・家族の方が安心できる質の高い安全な医療を提供するために、救急総合診療部では常に当院の救急診療の質の向上を目指した活動を行っています。
当院の救急・集中治療部門は単独・独立型ではなく、各専門診療科や職種が協力して診療にあたっています。救急総合診療部はその要の役割として各部門の調整役を担っています。

救急総合診療部スタッフ紹介

氏名 役職 卒年 所属学会
小西 弘起 救急総合診療部長兼務(副院長、総合内科部長) S.55 日本内科学会総合内科専門医、日本救急医学会専門医、日本呼吸器学会専門医、日本循環器学会専門医、ICD:感染制御医師
【コメント】
総合内科紹介ページをご参照下さい。
髙田 真理子 救急総合診療部医長兼務(消化器内科医長) H.13 日本内科学会認定総合内科専門医・指導医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本肝臓学会専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本救急医学会救急科専門医
【コメント】
消化器内科紹介ページをご参照下さい。
王 康治 救急総合診療部医員兼務(総合内科副医長) H.19 日本救急医学会、日本内科学会、日本超音波学会
【コメント】
いつも笑顔を心がけています。皆様に安心していただける診療に努めてまいります。

集中治療部

概要

当院集中治療部は5床で運営し、急性期の重症患者を受け入れています。入室の対象となるのは、癌根治術など身体への負担が大きい手術を受けられた直後の方、重症肺炎など人工呼吸を必要とされる方、持続血液濾過透析(CHDF)などの血液浄化を必要とされる方、敗血症などきめ細かい全身管理が必要な方などです。2008年度は410名の患者を受け入れました。

当院集中治療部では主治医が中心となって診察を行いますが、日中は救急・ICU担当医1名、夜間・休日はICU当直医1名が待機し、主治医をサポートしています。また、看護師、臨床工学技師の力をとくに濃厚に必要とする部門であり、全員で協力して、生命の危機に直面されている方の安全圏への脱出を手助けします。

スタッフ紹介

氏名 役職 卒年 専門分野 認定医・専門医・指導医
榎 泰二郎 集中治療部長
麻酔科部長
S.62 当院ホームページ診療科「麻酔科」をご参照ください。
Back
TOP