救急総合診療部・集中治療部

救急総合診療部

当院の救急診療の概要

救急診療実績

  • 救急受診患者数および救急入院患者数

    当院は 2000年5月復興開院当初より内科系・外科系の2診療科が毎日一次・二次救急対応の救急診療体制をとっています。
    また、小児科は当初平日時間外の延長診療で救急患者対応を行っていましたが、2006年度からは2次救急病院輪番制に参加して小児の2次救急に対応しています。

    グラフ1に見られるように、2000年5月復興開院以降、救急受診患者数ならびに救急入院患者数は増加しましたが、2006年頃より医師不足の深刻化のために救急患者の受け入れ制限を余儀なくされ、救急受診患者数は大きく減少しました。 その後、医師の増員等に努め、2013年9月より内科・外科系の全日24時間救急診療体制を再開しました。2014年以降はwalk-in患者数の減少がみられます。

    2000~2016年度の年度別救急受診患者数 (walk-in患者数・救急車搬入患者数)の推移 グラフ

    グラフ1.2000~2016年度の年度別救急受診患者数 (walk-in患者数・救急車搬入患者数)の推移

    グラフ2は救急車受け入れ件数の年次推移を示しています。
    2009年度以降、救急患者の受け入れ制限を実施していた時期でも救急車の受け入れに努めました。その後、救急車搬入件数は増加してきましたが、2016年度は少し減少しています。

    2000~2016年度の年度別救急車受け入れ件数の推移 グラフ

    グラフ2.2000~2016年度の年度別救急車受け入れ件数の推移

    表1は2016年度の救急受診患者数と受診方法の違いによる入院率の比較を示しています。
    救急車による搬送患者の救急入院率は35.4%、それ以外の救急受診患者の救急入院率は17.8%でした。

    表1.2016年度の救急受診患者数、入院患者数と受診方法の違いによる入院率の比較
    総数 受診方法
    救急隊による搬送 その他
    救急受診患者 14,233人
    (一日平均 38.9 人)
    2,976人
    (一日平均 8.1 人)
    11,257人
    救急入院患者 3,058人
    (一日平均 8.4 人)
    1,053人 2,005人
    救急入院率 21.5% 35.4% 17.8%
    一般外来からの
    緊急入院患者
    1,221人
    (1日平均 5.0人)
    1,221人
  • 救急受診患者の概要
    地域別には長田区、兵庫区、須磨区の患者が80%以上を占めていますが、5%程度の患者が神戸市外から救急受診されています。
    年齢別には70歳以上の患者が救急受診患者の25%以上を占め、救急入院患者の50%以上を占めています。
    疾患別には、肺炎などの呼吸器疾患、心不全などの循環器疾患や各種消化器疾患をはじめとして、いろいろな内科的な病気の他に、外傷(ケガ)、耳、鼻、のどなどの病気、小児の急病などがみられます。ただし、多発外傷や重度の熱傷、心臓血管外科や脳神経外科的治療を必要とする疾患は市内の3次救命救急センターや2次救急輪番群専門病院などが対応していますので、当院では適切な治療のできる病院を紹介しています。

救急診療体制

  • 概要
    当院では本館4階に救急病棟と集中治療室を設置しています。救急病棟は15床で、一般病床9床、感染症用個室2床、精神疾患患者の身体合併症用個室4床を有しています。集中治療室は5床を配置しています。
    救急診療は各診療科の医師、看護師、コメディカルが協力してチーム医療を推進しています。病棟看護部門は2交替制で看護にあたっています。
  • 平日時間外・休日救急外来診療業務従事者
    医師 内科系2名、外科系1名、ICU担当1名、研修医1~2名
    小児科1名(月6~8回の2次救急輪番日に対応)
    診療科によっては毎日救急オンコール体制をとり、救急診療を補完しています。
    看護師 師長1名、看護師3~4名
    緊急手術時などにはオンコールによる応援体制で、診療・看護業務を補完しています。
    薬剤師 1~2名
    放射線技師 1名
    臨床検査技師 1名
    受付事務職員 2~3名

救急総合診療部の活動

基本方針

患者・家族の方が安心できる質の高い安全な医療を提供するために、救急総合診療部では常に当院の救急診療の質の向上を目指した活動を行っています。
当院の救急・集中治療部門は単独・独立型ではなく、各専門診療科や職種が協力して診療にあたっています。救急総合診療部はその要の役割として各部門の調整役を担っています。

救急・集中治療部門回診(平日午前8時30分~)

救急総合診療部の回診イメージ救急・集中治療部門では、平日朝の回診で新入院の患者や重症患者の診療内容および今後の方針を検討しています。 各種専門診療科医師の参加を得て意見交換が行われ、研修医はもちろん、専攻医や各診療科の医師にとっても、重要な情報や知見を得る場所となっています。

救急病棟カンファレンス(月曜日)

総合内科医を中心として、救急病棟に入院中の患者の診断や治療について検討を行うとともに、研修医や専攻医の指導にも力を入れています。

総合診療カンファレンス(木曜日 午後5時30分~)

総合内科(初診)外来において、診断や治療に困っている症例や興味深い症例、重要な症例などを中心に検討を行います。
研修医や専攻医だけでなく、全ての医師や看護師、コメディカルの参加もOKです。

救急カンファレンス(水曜日 午後6時~)

救急カンファレンスは研修医の必修項目として、救急診療の能力や資質の向上に役立てるとともに、研修医には症例提示や発表の機会としても活用しています。

2016年度は1年次研修医の救急対応能力の向上を目指して、2年次研修医が1年次研修医をリードしながら救急症例をプレゼンテーションし、専攻医や上級医がサポートする形で、症状・兆候から臨床推論を行う研修を行っています。症状・兆候のテーマとしては、「胸痛」「意識障害」腰背部痛」下腹部痛」右側腹部痛」「嘔吐・過換気」「発熱」「頭痛」「咽頭痛」「右下腹部痛」「全身倦怠感」「頸部痛」「けいれん」「せん妄」「皮疹」ミオクローヌス」「めまい」「関節痛」など救急患者の初療対応における基本的な項目を取り上げています。
その他に、「胸部X線写真の読み方」「心電図の読み方」「腹部エコー実習」「造影CT実施上の注意」「外科的気道確保」「エコー下中心静脈穿刺」などの実習、「アナフィラキシー」「急性喉頭蓋炎」「栄養管理」「災害対応」などの講義、「多数傷病者来院時対応訓練」への参加など、基本的研修やタイムリーなテーマでの研修を行っています。

以上のような講義や実習に加えて、合併症や死亡例の検討(Morbidity & Mortalityカンファレンス)も多職種で行っています。その他、救急カンファレンスとは別に、自主的勉強会としての各種論文抄読会も行われています。

救急総合診療部オープンカンファレンス・テーマ一覧
2016年9月30日 病院における災害対策について(災害対応研修会)
2016年5月12日 大規模災害における公衆衛生の重要性~多職種連携で関連死を防ぐ
(災害対応研修会)
2013年9月20日 大災害発生時における2次救急病院の役割
2013年3月13日 大動脈弁狭窄症の診断と治療
2011年11月30日 講演会「救急集中治療領域における酸素重要バランスを含めた管理法」
2011年5月12日 講演会「救急蘇生ガイドライン2010の改訂のポイント」
2010年11月24日 講演会「第一線の市中病院で行う効果的な症例プレゼンテーション」
2010年2月4日 講演会「臨床におけるヒューマンファクターズ~院内救急の早期発見・早期対応のために~」
2008年6月19日 肺血栓塞栓症の予防と対策
2007年1月18日 腸閉塞の画像診断の基本と落とし穴
2006年1月26日 急性虫垂炎と大腸憩室炎の鑑別診断

救急関連のその他の活動

  • 西市民病院 ICLSコース(日本救急医学会認定)
    院内の急変時対応、心肺蘇生処置法の統一、チーム医療の推進のために、2008年度より年4回の計画で日本救急医学会認定ICLSコースを開催しています。院外のインストラクターの協力も得て、質の高いコースの運営・維持を目指し、院内のインストラクターの養成にも力を入れています。

  • 事務系職員等対象 心肺蘇生法(BLS)研修会
    医師や看護師以外の職員にも、AED(自動対外叙細動装置)の使用法を含めた一次救命処置(心肺蘇生法)の周知・普及に努めています。
  • CPR/ドクターハリーの振り返り会
    2011年4月より正式にCPRチーム会を立ち上げ、院内でのCPR/ドクターハリーコール事例の振り返り会を開催し、急変対応の質の向上のための職員の教育に努めています。
  • 救急診療の標準化の取り組み
    各専門診療科の協力を得て、院内の救急診療の標準化を推進しています。

    • 西市民病院版敗血症診療ガイドライン・敗血症初期対応チェックリストの作成(2013年)
    • 心肺蘇生後低体温療法の手順作成(2011年)
    • 救急処置・心肺蘇生記録用紙・報告書の作成(2009年)
    • 向精神薬過量服用診療フローチャート・チェックシートの作成(2009年)
    • 救急カート配備薬品・物品の統一(2008年改定)
    • 高血圧緊急症の対処法についての指針作成(2008年)
    • 低血糖時の指示の標準化(2007年)
    • 救急治療における循環器薬の使い方の指針作成(2006年)
  • その他の活動
    救急総合診療部の活動イメージ2009年5月の神戸での新型インフルエンザ流行時の発熱外来の設置や全日24時間救急診療の実施、また、2011年3月の東日本大震災で津波被害の大きかった仙台市若林区の避難所での医療支援活動を行いました。

    2014年6月に災害対策チーム会を立ち上げ、当院の防災・災害対応計画の見直しや災害対応訓練の見直し・実施などを推進しています。
    2015年1月に当院は神戸市災害対応病院に指定され、災害時の救護所支援のための医薬品・医療資機材の備蓄や救護班派遣のための検討を進めるとともに、地域の医師会・薬剤師会・歯科医師会などとの連携を進めています。

救急総合診療部研修方針

初期研修(2年間のスーパーローテート方式)

  1. 現在、救急総合診療部単独での研修ローテート期間はありません。
  2. 初期研修医は2年間を通して、救急外来診療当直業務に参加し、上級医の指導のもと、一般的な救急疾患の診療に当たります。救急病棟では、主治医と協力して救急入院患者の初期診療を行います。
  3. 初期研修期間中の1ヶ月を神戸市立医療センター中央市民病院の救急・救命センターで3次救急を含む研修を受けることができます。当院では多発外傷や重度熱傷、手術等の緊急処置を要する心疾患・脳神経疾患などの三次救急対応の患者は受け入れていませんが、救急診療の中では三次救急対応を必要とする患者に遭遇することは稀ではありません。その際には、適切な診断と初期治療のもと、専門病院や三次救急病院への転送を行います。
  4. 初期研修医はローテート研修の中で、2ヶ月間を集中治療部で研修します。集中治療部では、主治医と協力して人工呼吸管理や血液浄化法などの臓器補助療法を含めて重症患者の診療に当たります。
  5. 救急カンファレンスの項で記述したように、回診やカンファレンスを通して、各専門診療科の医師による教育・指導を受けることができます。

専攻医(3年間の後期研修)

  1. 当院は日本救急医学会による救急科専門医指定施設の認定を受けています。現在計画されている専門医制度に関しては神戸市立医療センター中央市民病院救急部ならびに神戸大学医学部附属病院救急部をそれぞれ基幹病院とする研修プログラムの連携施設として申請を行っています。
  2. 現在は救急総合診療部には専攻医はいませんが、救急総合診療部の専攻医研修では、固定したローテート方式はとらず、専攻医の希望や将来展望に応じて、専門診療科研修や検査部門研修、中央市民病院救急部研修などを組み入れて、総合診療研修プログラムを作ります。3年間の研修終了までに、一般的な救急疾患の診療、救急患者への対応ができ、必要に応じて専門医に引き継ぐことができる能力の獲得を目指します。また、当院は在宅医療支援にも努めており、救急診療から総合診療、そして在宅医療への連携を学ぶことで、地域における総合診療医・家庭医養成のステップにもなるものと期待しています。
  3. 臨床研究や学会発表なども日常診療活動と並行して活発にとりくんでいます。(下記参照)

救急部研究発表論文等(2005年度以降)

著書

  1. 小縣正明:腸管の動きも診たい!消化管エコー.腹部膨満 特集「症状・症候別エコーを使った診断推論-Point-of-Care超音波-」.総合診療 26(Vol.26, No.9) 2016, 756-760
  2. Ogata M:General Surgery Applications. In: Ma OJ, Mateer JR, Reardon RF, Joing SA, eds. Emergency Ultrasound (3rd edition). McGraw Hill 2014,p273-317
  3. Ogata M:General Surgery Applications. In: Ma OJ, Mateer JR, Blaivas M, eds. Emergency Ultrasound (2nd edition). McGraw Hill 2008,p193-228
  4. 小縣正明:イレウス. 小俣政男,千葉 勉監修, 専門医のための消化器病学. 医学書院2005, p207-212

論文

  1. Ogata M, Tamura S, Matsunoya M. The application of ultrasound to Intestinal Anisakiasis presenting as a small bowel obstruction. Crit Ultrasound J 43: 283-287, 2014 (DOI:10.1002/jcu.22194)
  2. 大倉隆介、小縣正明:救急外来における過換気症候群の臨床的検討. 日救急医会誌 24:837-846,2013
  3. 高井智子、武部礼子、小縣正明、勝山栄治、中村武寛:副腎皮質ステロイド誘発性糖尿病ケトアシドーシスに非閉塞性腸管虚血症を合併した2型糖尿病の1例.糖尿病 56:298-304, 2013
  4. Ogata M. Incarcerated obturator hernia: pitfalls in the application of ultrasound. Crit Ultrasound J 1:59-63, 2009.(DOI 10.1007/s13089-009-0017-4)
  5. 大倉隆介、小縣正明、白鳥健一、郡山健治:著明な浮腫性紅斑を合併し、全身性炎症反応症候群を呈した限局性全身性強皮症の1例. 日救急医会誌 20: 331-337, 2009.
  6. Ookura R, Shiro Y, Takai T, Okamaoto M, Ogata M: Diffusion-weighted Magnetic Resonance Imaging of a Severe Heat Stroke Patient Complicated with Severe Cerebellar Ataxia. Inter Med 48: 1105-1108, 2009.
  7. 大倉隆介、住友靖彦、山下幸政、切塚敬治、小縣正明: 致死的な貧血をきたしたdiffuse antral vascular ectasia (DAVE) の1例. 内科 103: 1000-1003, 2009.
  8. 大倉隆介、見野耕一、小縣正明: 精神科病床を持たない二次救急医療施設の救急外来における向精神薬過量服用患者の臨床的検討.日救急医会誌 19: 901-913, 2008.

学会発表

  1. 高田真理子、小縣正明、川戸美智子、吉田直子、泉谷裕子、高田洋介:中規模2次救急病院における災害対応に関する意識調査.第22回日本集団災害医学会総会・学術集会、2017.2.15 名古屋
  2. 小縣正明:講演「急性腹症のPoint-of-Care Ultrasound」 第2回Point-of-Care超音波研究会2016.10.29 東京
  3. 小縣正明:パネルディスカッションPoint-of-care超音波検査、「消化器系のPoint-of-Care超音波検査-ベッドサイドで利用する臨床医の視点から-」 第89回日本超音波医学会,2016.5.27 京都
  4. 小縣正明:神戸市災害対応病院としての取り組み. 神戸市長田区在宅推進協議会・災害対策部会 災害フォーラム,2016.2.6 神戸
  5. 小縣正明:講演「急性消化管疾患のPoint-of-care Ultrasound」 第18回日本臨床救急医学会併設「Point-of-care超音波講習会」2015.6.6 富山
  6. 小縣正明:講演「急性腹症の診療に超音波検査を生かす-腹部外科救急における活用-」栃木県超音波研究会第14回特別セミナー, 2015.1.17 下野(自治医科大学).
  7. 小縣正明:シンポジウム「県内における一般科救急・精神科救急連携」一般科2次救急病院の立場から. 兵庫県救急医療研究会第15回兵庫県救急医療フォーラム,2013 神戸
  8. 小縣正明:一般演題 口演13「門脈ガス血症と腸管気腫症の治療2」座長.第49回日本腹部救急医学会,2013 福岡
  9. Ogata M, Tamura S, Matsunoya M. Intestinal Anisakiasis presenting as a small bowel obstruction ? Pitfalls in the application of ultrasound. 8th Winfocus World Congress on Ultrasound in Emergency and Critical Care Medicine, Barcelona 2012.
  10. 小縣正明:若手医師に伝えたい腹部救急診療時のちょっとしたコツとポイント-イレウスの診断に迷わないために- 第48回日本腹部救急医学会,2012 金沢.
  11. 小縣正明:要望演題2「腹部救急領域の画像診断」座長.第47回日本腹部救急医学会,2011 福岡.
  12. Ogata M. Operator-dependency in the ultrasound diagnosis of acute appendicitis. 6th World Congress on Ultrasound in Emergency and Critical Care Medicine, Rome 2010
  13. 小縣正明、川戸美智子、吉田直子、冨岡洋海、田中豊樹、西田清仁、橘 満、大西 聡、村上 靖: インシデント報告を促進するための取り組み. 第4回医療の質・安全学会, 2009 東京.
  14. Oh K, Ogata M, Suzawa K. Application of ultrasound for hemobilia; a case report on a ruptured aneurysm of the hepatic artery 5th World Congress on UltraSound in Emergency and Critical Care Medicine, Sydney 2009
  15. Suzawa K, Ogata M, Oh K. The significance of ultrasound in decision-making of surgical intervention for acute colonic diverticulitis 5th World Congress on UltraSound in Emergency and Critical Care Medicine, Sydney 2009
  16. 大倉隆介:救急病院を受診する過量服用患者について. 第9回リエゾンの会,2009 神戸
  17. 小縣正明:医療事故に対する院内事故調査と患者対応のあり方-神戸市立医療センター西市民病院ならびに神戸市立病院群の取り組み-. 神戸市医師会勤務医部会第1回医療安全勉強会, 2009 神戸.
  18. 大倉隆介、見野耕一、小縣正明: 当院救急外来における向精神薬過量服用患者の臨床的検討. 第36回日本救急医学会総会, 2008 札幌.
  19. Ogata M. Basic Algorithms in Abdominal Ultrasound and Recommendations for Acute Abdomen Management. 3rd World Congress on Ultrasound in Emergency and Critical Care Medicine, Paris 2007.
  20. Ogata M. A Pitfall in the Application of Ultrasound for Acute Abdomen – Incarcerated Obturator Hernia-, 3rd World Congress on Ultrasound in Emergency and Critical Care Medicine, Paris 2007.
  21. Ogata M. Parallel Workshop; Advanced Abdominal Ultrasound – Bowel Obstruction -, 3rd World Congress on Ultrasound in Emergency and Critical Care Medicine, Paris 2007.
  22. 小縣正明ほか:抗菌薬初回投与時における薬物アレルギーに関する説明と観察シートの活用. 第1回医療の質・安全学会, 2006 東京.
  23. Ogata M. Emergency Ultrasound for the Acute Abdomen ? with a special emphasis on bowel obstruction-. 2nd World Congress on Ultrasound in Emergency and Critical Care Medicine, 2006 New York

救急総合診療部スタッフ紹介

氏名 役職 卒年 所属学会
小西 弘起 救急総合診療部長兼務(院長補佐、総合内科部長) S.55 日本内科学会総合内科専門医、日本救急医学会専門医、日本呼吸器学会専門医、日本循環器学会専門医、ICD:感染制御医師
【コメント】
総合内科紹介ページをご参照下さい。
王 康治 救急総合診療部医員兼務(総合内科医員) H.19 日本救急医学会、日本内科学会、日本超音波学会
【コメント】
いつも笑顔を心がけています。皆様に安心していただける診療に努めてまいります。

集中治療部

概要

当院集中治療部は5床で運営し、急性期の重症患者を受け入れています。入室の対象となるのは、癌根治術など身体への負担が大きい手術を受けられた直後の方、重症肺炎など人工呼吸を必要とされる方、持続血液濾過透析(CHDF)などの血液浄化を必要とされる方、敗血症などきめ細かい全身管理が必要な方などです。2008年度は410名の患者を受け入れました。

当院集中治療部では主治医が中心となって診察を行いますが、日中は救急・ICU担当医1名、夜間・休日はICU当直医1名が待機し、主治医をサポートしています。また、看護師、臨床工学技師の力をとくに濃厚に必要とする部門であり、全員で協力して、生命の危機に直面されている方の安全圏への脱出を手助けします。

スタッフ紹介

氏名 役職 卒年 専門分野 認定医・専門医・指導医
榎 泰二郎 集中治療部長
麻酔科部長
S.62 当院ホームページ診療科「麻酔科」をご参照ください。
Back
TOP