代表番号

TEL:078-576-5251

FAX:078-576-5358

診療受付時間

当院を受診いただく際に、できるだけ
かかりつけ医の「紹介状」をお持ちください。

すでに他の病院や診療所にかかっておられる症状に対して、初診で当院の受診を希望される方は、他院からの紹介状をお持ちいただくことをお勧めいたします。なお、当院を他院からの紹介状なしに初診で受診される場合、非紹介患者初診料加算金(選定療養費)として、5,000円(歯科口腔外科のみ3,000円[税込])をご負担いただいております。
皆様のご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。

受付時間 8:30~11:45

受診される診療科によって受付終了時間が異なりますので、
こちらから詳細をご確認ください。

外来診療日

月曜日〜金曜日

休診日:祝休日・年末年始(12月29日~1月3日)

救命救急外来の受付は24時間行っています。

面会時間

平日
15:00~20:00

土・日・祝
10:00〜12:00、15:00~20:00

フリーワード検索

診療科を探す

キービジュアル

診療科・部門のご案内DEPARTMENT

認知症疾患医療部(認知症疾患医療センター)

診療科紹介

認知症疾患の鑑別を主体とした外来を実施しています。基本的には鑑別診断と薬物治療導入までの診療を実施し、かかりつけ医の先生にお返しします。
また、2019年1月28日より神戸市による認知症診断補助制度が開始されました。当院はその2次検診機関として活動しております。最近はこの制度を利用しての受診が多くなっています。

現在は初診予約枠を2枠/日×4日/週としております。外来は月曜〜木曜です。
外来では、病歴を伺うところから始まります。具体的にどんな症状がいつ頃からあるのかをお尋ねします。症状の時間的な流れや、以前とどのように違うのかを教えていただくことが、診断には大事な情報です。また生活背景として出身地や学歴、職歴、家族構成、趣味、嗜好などもお尋ねします。御本人は質問に答えられない時も上手に“出来ない理由”を説明されるため、専門医でも判断できないことがあります。そのため普段の様子をご存知の方(ご家族様)との受診をお願いしております。

中核症状(記憶障害、判断力の障害、問題解決能力の障害、計画的にものごとを実行できなくなる実行機能障害、見当識障害、ボタンをはめられないなどの失行、身体が感覚として感じていてもその意味が分からない失認、ものの名前がわからなくなる失語など)の問診とともに診察を実施いたします。

脳CTについては可能な限り受診いただいた日に撮像しています。MRI画像で海馬傍回の体積の萎縮度を正 常脳と比較して数値を割り出し、スコア化してアルツハイマー病(AD)の疑いがあるかどうかを調べるVSRADも必要に応じて予約で実施します。心理テストについては、MMSEを基本的には実施していますが、症例によってはMoCA-Jなども行います。別の日にADAS-Jcog等を実施することもあります。
血液検査は当日採血としておりますが、ビタミン類や甲状腺機能など一部結果は後日説明となります。またコリンエステラーゼ阻害剤使用を考慮して心電図も実施しております。
初診時での診断については当日中に説明しご家族の希望があれば処方を開始しております。
脳血流シンチにつきましては他院に依頼をしております。脳波検査は必須とは考えておりませんが、一過性てんかん性健忘や非痙攣性てんかん重責を疑うような病歴であれば実施します。正常圧水頭症はタップテストが必要でもあり、腦神経内科医師あるいは他院に依頼をいたします。脳血管障害急性期や慢性硬膜下血腫のような場合も同様です。
問診・診察および画像や検体検査結果などから、鑑別診断を臨床的に行います。他方、認知症の行動・心理症状(BPSD:暴言や暴力、興奮、抑うつ、不眠、昼夜逆転、幻覚、妄想、せん妄、徘徊、もの取られ妄想、弄便、失禁など)の治療目的での受診の場合は、基本的には精神科医師にお願いしております。
臨床診断なので診断が難しいことも多いです。症候や現在可能な検査では診断に至らず、病理診断が必要なこともあります。ADであると思っていても、剖検してみたら病理診断が異なる、あるいは複合病理であるといった報告も最近はよく見られます。しかし、現在可能な方法で診断し、ご本人やご家族に良い治療方法がないかを考えて行きたいと思っております。

昨年度受診いただいた方の診断内訳を円グラフに示しておりますが(2019年4月から2020年3月時点)、生活障害には至っていない軽度認知障害(mild cognitive impairment; MCI)とADが多いようです。また、病理診断でないと確定は出来ませんが、発症年齢や経過から高齢者タウオパチー、神経原線維変化型老年期認知症(SD-NFT)ではないかと判断した方もあります。前頭側頭型認知症や特発性基底核石灰化症のような認知症はその他に入れております。この傾向は一昨年度と同様でした。

ADであっても、早期に受診いただくことは将来について自己決定していく時間を確保し、進行抑制のための活動を実施することが出来ます。介護されるご家族も認知症を学び、BPSDにつながらない対応方法を知る時間をつくることが出来ます。
「予約の日を間違えて来院される」「処方したくすりが残っていて管理ができていないのかも」「支払いがうまくできない」「昨日の夕食が思い出せない」「最近のニュースが覚えられない」といった症状がございましたら、「脳の健康診断」のつもりで当院へご紹介ください。

グラフ

認知症疾患医療センターの紹介

神戸市より指定を受け、認知症の診断、治療、医療、生活、介護の相談、地域の関係機関との連携や研修を行う専門医療機関です。

認知症疾患医療部(神戸市認知症疾患医療センター)の組織
事業内容
  • 専門医療相談
  • 身体合併症・周辺症状への急性期対応
  • 地域保健医療介護関係者への研修
  • 認知症家族会の開催
  • 広報
  • 鑑別診断、治療方針の選定
  • 地域への情報発信
  • 認知症疾患医療センター地域連携会議の開催
  • 進行予防事業の実施
スタッフ

センター長:木原 武士
公認心理士:専任1名
精神保健福祉士:専任1名
保 健 師:専従1名
看 護 師:専従1名
事   務:2名

診断と初期対応

専門の職員(看護師・精神保健福祉士・公認心理士など)が認知症に関係する相談を受けます。

  • ちょっと忘れっぽい、何度も同じことをいう
  • 約束を忘れる、道に迷う、しまい忘れがある
  • 元気がでない、怒りっぽくなり性格が変わった
  • 介護の相談をする場所が知りたい・どこにどんな相談をして良いかわからない
  • 受診したいが方法がわからない

相談は無料です。
面談での相談を希望される場合は電話で予約が必要です。

将来に備えることができます

初期の認知症であれば、治療や介護サービスを選び、これからの生活についてお願いする人をご自身で決める等、今後の人生の準備ができます。

病気の原因によっては、治療が可能です

正常圧水頭症、慢性硬膜下血種などが原因であれば、認知機能も改善する可能性があります。

症状の進行対策が考えられます

服薬・生活習慣の改善・適切なケアなどで、認知機能を長く保つ方法もあります。

受診の流れ

  • 当院は、神戸市認知症診断助成制度を利用して、第2段階の認知機能精密検査を受けることができる医療機関です。第1段階の認知機能検診を受けた医療機関からの結果をFAX頂くか、専用電話に連絡を頂き予約をお取りしています。

  • 検診を受けておられない場合は、かかりつけの医療機関からの紹介が必要です。診療情報提供書をFAXでご送信ください。
    FAX番号:078-579-1943

  • センターがかかりつけの医療機関へ予約票をFAXします。
    電話で精密検診の予約を取られた方は電話連絡時にご案内します。

  • 受診日には、紹介状の原本、お薬手帳、予約票を持参ください。
    問診・診察・検査をしますので、時間には余裕をもって来院ください。

    ※かかりつけ医がない場合は直接センターにご相談ください。
    認知症疾患医療センター専用電話:078-579-1966
    受付時間:9時~17時(土日祝日、年末年始を除く)

    パンフレット

医療従事者のための認知症対応力向上研修

認知症の人や家族を支える院内外のスタッフに向けて、医療従事者のための認知症対応力向上研修を開催しています。医療従事者だけでなく、地域のケアマネジャー、看護職の方々も参加いただいています。毎年、趣向を凝らした内容を企画しており、2019年度は外部講師を招いて「認知症高齢者とのコミュニケーション方法」について学ぶ機会にしたり、地域のスタッフが困る事例について、ワールドカフェ方式で多職種で意見交換をしました。参加者からは、認知症患者さんの行動、言動に理由を考える大切さがわかった、自分の感情・思いを変えていけそう、多職種の悩みや取り組みを知ることができたという感想をいただき、学んだことを活用できると評価をいただいています。

音楽療法の開催

認知症疾患医療センター主催で音楽療法を開催しています。音楽療法は、脳の活性化やリラクゼーションを目的にしており、外来患者さんだけでなく、入院患者さんが参加できる会を催す場合もあります。

名前 木原 武士
役職 部長(脳神経内科部長 兼務)
卒年 平成4年
専門分野
認定医・専門医・指導医 日本認知症学会専門医・指導医 日本神経学会専門医・指導医 日本内科学会認定内科医
午前

木原
認知症鑑別(要予約)
10:00から

木原

認知症鑑別(要予約)

10:00から

木原
認知症鑑別(要予約)
10:00から

木原
認知症鑑別(要予約)
10:00から

-

午後

木原
認知症鑑別(要予約)

木原

認知症鑑別(要予約)

木原

認知症鑑別(要予約)

木原

認知症鑑別(要予約)

    -

    【備考】

    認知症鑑別は予約制

    診察は精神・神経科2診で行います。

    認知症疾患医療センターの詳細を見る

    診療科
    看護部
    薬剤部
    臨床検査技術部
    放射線技術部
    リハビリテーション技術部
    臨床工学室(CE室)
    栄養管理室
    チーム医療推進部