認知症疾患医療センター

スタッフ紹介

氏名 役職 卒年 専門分野 認定医・専門医・指導医
木原 武士 認知症疾患医療センター長 H.4 日本神経学会専門医・指導医
日本内科学会認定内科医
日本認知症学会専門医・指導医

認知症疾患医療センターとは

神戸市より指定を受け、認知症の診断、治療、医療、生活、介護の相談、地域の関係機関との連携や研修をおこなう専門医療機関です。

診断と初期対応

日常生活の様子や、生活上の困りごとなど身体状態の聞き取りと各種の検査(神経学的検査・神経心理検査・画像検査・心電図検査・血液検査など)を行います。
その結果をもとに、専門医師が評価・診断をおこないます。その診断に基づき、治療・生活・介護についてご本人やご家族と一緒に考えます。
紹介して頂いた、かかりつけ医の先生や必要に応じてケアマネジャーの方と情報を交換します。

専門医療相談(電話・面談)

専門の職員(看護師・精神保健福祉士・心理士など)が認知症に関係する相談を受けます。
〇ちょっと忘れっぽい、何度も同じことをいう
〇約束を忘れる、道に迷う、しまい忘れがある
〇元気がでない、怒りっぽくなり性格が変わった
〇介護の相談をする場所が知りたい・どこにどんな相談をして良いかわからない
〇受診したいが方法がわからない
相談は無料です。
面談での相談を希望される場合は電話で予約が必要です。

認知症早期発見のメリット

将来に備えることができます

初期の認知症であれば、治療や介護サービスを選び、これからの生活についてお願いする人をご自身で決める等、今後の人生の準備ができます。

病気の原因によっては、治療が可能です

正常圧水頭症、慢性硬膜下血種などが原因であれば、認知機能も改善する可能性があります。

症状の進行対策が考えられます

服薬・生活習慣の改善・適切なケアなどで、認知機能を長く保つ方法もあります。

受診の流れ

(1)本人・家族がかかりつけの医療機関へ相談
※かかりつけ医の診療科目は問いません。

(2)かかりつけ医療機関からの予約
※かかりつけの医療機関からFAXで診療情報提供書を送信ください。
FAX番号:078-579-1943

(3)センターがかかりつけの医療機関へ予約票をFAXします。
※かかりつけの医療機関から予約票を受け取ってください。

(4)受診日には、紹介状の原本、お薬手帳、予約票を持参ください。
問診・診察・検査をしますので、時間には余裕をもって来院ください。

※かかりつけ医がない場合は直接センターにご相談ください。
認知症疾患医療センター専用電話:078-579-1966
受付時間:9時~17時(土日祝日、年末年始を除く)

パンフレット:「西市民病院 認知症疾患医療センターご案内」(PDF:2MB)

Back
TOP