ICT(感染管理)

ごあいさつ

感染管理チーム(以下ICT)は、病院長を会長とする院内感染対策委員会が策定した感染対策を実施するための実働部隊です。ICTのキャッチフレーズは、「空飛ぶICT」。当院においても最新の感染対策が行えるよう、ICTメンバーは全国各地の研究会、学会に出かけています。新型インフルエンザ流行の際には、どの病院でもICTの活動が注目されたと思いますが、本来は地味で目立たない活動がさりげなくできている状態が理想です。
ICTでは感染対策を行うにあたって、地域における感染対策、他の市民病院群や保健所との連携を常に意識して活動しています。

感染対策室、院内感染管理チーム

メンバー紹介

所属 職種 氏名【資格】
総合内科 医師 小西 弘起【感染制御医師(ICD) 】
医師 王 康治
呼吸器内科 医師 藤井 宏
医師 古田 健二郎
消化器外科 医師 山田 真規
泌尿器科(専攻医) 医師 平田 淳一郎
皮膚科(専攻医) 医師 有吉 綾香
総合内科(専攻医) 医師 越智 達哉
初期研修医 医師 佐藤 亮太
看護部 看護師 俣木 陽子 【感染管理認定看護師】
看護師 青野 智子
看護師 山口 陽恵
看護師 竹内 博美
薬剤部 薬剤師 巽 弥生
薬剤師 嶋本 藍
薬剤師 鳥居 里衣
臨床検査技術部 臨床検査技師 水谷 文子
臨床検査技師 江上 和紗
臨床検査技師 前川 茜
事務局 事務職員 北島 敏太

活動内容

ICTは、病院にかかわるすべての人が院内で新たな感染症に罹患しないよう、そして、感染症が発生した場合には他の人に伝播しないよう総合的に働きかけるチームです。

ICT(感染管理)の主な活動ICTで重視している活動は院内のラウンドで、医師(感染制御医師ICD)、看護師(感染管理認定看護師CNIC)、薬剤師、臨床検査技師と専門知識を持つ職種が集まって行っています。血液培養陽性者や手指衛生のタイミングに関するラウンドは週2回、新規耐性菌検出患者や広域抗菌薬使用患者のラウンドは週1回、薬剤管理ラウンドは月2回、その他環境なども定期的にチェックしています。

ラウンドでは現場での感染対策の遵守状況が確認できるため重要な活動となっていますが、サーベイランス活動()にも力を注いでいます。院内全体としては手指衛生剤の使用量や耐性菌、そして、部署や医療器具にターゲットを絞ったサーベイランスを行い、改善につながる活動を支援しています。
※感染にかかわる問題を見逃さないようにデータを集めて、その結果を関係者と共有して対策を講じるプロセスのこと

イラスト職業感染防止では、職員安全衛生委員会と連携して、委託を含む職員を対象にB型肝炎や流行性ウイルス疾患(麻疹・風疹・水痘・流行性耳下腺炎)の抗体価測定を行い、ワクチン接種を推進しています。また、針刺し切創防止については、医療安全管理室と共同で活動をしています。

教育・啓発活動では、毎月ICT研修会を開催していますが、必要に応じて医局や病棟、リハビリ室などで出張研修会も行っています。院内外の感染症や流行状況、院内決定事項などは、ニューズレターや院内LANで情報を配信し、周知活動にあてています。
啓発活動では手指衛生(石鹸と流水での手洗いと擦式アルコール製剤での手指消毒)に力を注ぎ、使用量の調査や直接観察の結果を定期的にフィードバックするとともに、強化月間を設けて適切な手技で実践できるよう取り組んでいます。

感染症診療の支援では、ICDが研修医にグラム染色の仕方を指導し、抗菌薬の選定や投与方法に関する相談を行っています。広域抗菌薬と抗MRSA薬はICDと薬剤師が全症例で介入を行い、TDM体制も整備しています。そして、院内LANには、菌種別の抗菌薬感受性結果を掲示し、治療選択の支援を行っています。また、感染症の集積があれば細菌検査室からICTに一報が入り、現場の調査結果を基に臨時ICT会議で対策の内容を検討し、実施、評価をしています。

この他にマニュアルの作成や改訂を随時行い、病院で働く人々が統一した対策が提供できる環境づくりをしています。

環境づくりのイメージ

当院における菌種別薬剤感受性率

Back
TOP