褥瘡対策チーム

褥瘡とは

持続的な圧迫による血流障害により生じる皮膚損傷の事をいい、一般的には「とこずれ」と言われています。
局所の長時間の圧迫により生じ、仙骨部、坐骨部、踵などに骨が突出した部位に好発します。対策として除圧(体位変換、体圧分散、摩擦・ずれの防止)、スキンケア、栄養管理などが重要であり、多職種からの総合的なアプローチが必要です。
我々褥瘡対策チームは、様々な角度から多職種で連携し、褥瘡の予防、治療に取り組んでおります。

活動内容

イラスト毎週金曜日に褥瘡対策チーム全員で重症患者の回診・処置を行っています。 回診後、各部署がそれぞれの専門的な観点から問題を提起し、食事メニュー、リハビリ内容、薬剤、適した体位・ベッドなど様々な項目の検討を行います。

毎月第2金曜日にはチーム会を開催し、1ヶ月間の褥瘡の新規発生数、治癒人数を報告し、重症症例・悪化症例につき対策を話し合っています。内容は、主治医・病棟にフィードバックされます。

月1回褥瘡対策委員会を開催し、症例検討、マニュアルの検討のほか様々な内容につき勉強しています。

定例活動

毎週金曜日 褥瘡回診(チーム全体で重症症例を回診、検討)
毎月第2金曜日 チーム会(重症症例の検討)
毎月1回 不定期 褥瘡対策委員会

活動実績

  • 褥瘡対策チームオープンカンファレンス(1回/年)
  • 学会参加

メンバー紹介

氏名【資格】 職種
代表 池田 哲哉 医師(皮膚科 部長代行)
仲田 かおり 医師(皮膚科 副医長)
中村 維文 医師(皮膚科 後期研修医)
武井 尚子 皮膚・排泄ケア認定看護師
福嶋 浩一 薬剤部主査 薬剤師
田村 昌三 薬剤師
巽 弥生 薬剤師
光武 瑞穂 薬剤師
櫻井 晴奈 薬剤師
赤沢 尚美 栄養管理室主査 管理栄養士
有岡 靖隆 管理栄養士、NST 専門療法士
酒井 英樹 リハビリテーション技術部主査
理学療法士
三栖 翔吾 理学療法士
藤田 裕輔 事務職
Back
TOP