改善活動チーム

目的

医療活動並びに病院運営に関連する種々の業務に関して、各部門・部署ならびに部門横断的な職員による改善活動を推進する。以下の目的のために設置される。

  1. 職員の医療技術・知識の向上
  2. 職員の満足・モチベーションの向上
  3. チームワークの向上
  4. 日々の業務の見直し
  5. 経営面での改善効果
  6. 患者満足度の改善

活動内容

  1. 看護部業務委員会と共催し、年1回「この○○は任せて」と題して発表会を主催する。
  2. 年1回改善活動発表会を主催する。

メンバー紹介

多職種(医師・薬剤師・放射線技師・臨床検査技師・臨床工学技士・看護師・事務職員)メンバーで取り組んでいます。

活動実績

  • 月1回程度チーム会の開催
  • 2009年11月から病院QC活動としてスタート
  • 2010年~毎年、年度末に改善活動発表会開催
  • 2012年~部署で得意としていることを発表する「○○は任せて」を追加し、同時発表にする
  • 2015年9月 第1回院長杯 チーム対抗ボウリング大会開催 16チーム計64名参加

以後、毎年開催を計画しています。

医療の質と安全を高める活動の一環として医療安全管理室で平成21年度にスタートした活動も、現在は「改善活動推進チーム」として院内の各部門から委員が出席して活動を進めています。

あまり難しく考えずに、「どんな小さなことでも、日頃気付いている、または感じている問題を取り上げて改善策を考え実行しませんか。」と各部門に呼びかけています。活動の結果は年度末に発表会を開催し、優秀な活動や創意工夫のある活動に対して院長表彰を行っています。

また、平成23年度からは改善活動発表会と同日に、各部門で得意としていることを「この○○は任せて」と題して発表するポスターセッションも開催しています。令和2年度には17部署から発表がありました。1位は7階病棟「COVIDの対応はまかせて」でした。

改善活動発表では毎年7~10のエントリーがあり、令和2年度は外来部門、病棟、リハビリテーション技術部などから日ごろの業務改善を発表していただきました。「この○○は任せて」と改善活動発表、どちらも上位5位までの発表者には賞金があり、その他の発表者にも参加賞があります。

「この○○は任せて」&「改善活動発表会」エントリー数と参加人数

開催年度 この○○は任せて 改善活動発表会
2015年度(第7回) 15題(304名参加) 7題(98名参加)
2016年度(第8回) 15題(312名参加) 8題(126名参加)
2017年度(第9回) 12題(271名参加) 9題(142名参加)
2018年度(第10回) 15題(287名参加) 7題(95名参加)
2019年度(第11回) 新型コロナにより延期
2020年度(第12回) 17題(233名参加) 5題(51名参加)
Back
TOP