リエゾン・認知症ケアチーム

目的

リエゾン・認知症ケアチームは、精神疾患や認知機能低下などで出現する心理的社会的反応により身体的治療が難しくなっている人を、身体的・精神的・社会的な視点から統合的に捉え、個別性を大切にした医療活動の展開をめざしています。そのような疾患や症状により「生きにくさ」を抱えた人々のQOL維持向上を視野に入れた支援を病棟スタッフと伴に展開しています。

活動内容

活動のスタイルは、
困っているときにすぐ対応を!スタッフが対応できる調整を!
をモットーとしています。

イラスト具体的には、リエゾン回診、カンファレンスを中心に、患者さんがこころ穏やかに入院生活を送れるように、スタッフへのアドバイスや提案をさせていただいております。また、患者さんやご家族がご自分のこころの状態に目を向けることができるようにパンフレットを作成しています。(詳しくは入院のご案内をご覧ください。)

スタッフのみなさんに対しては、こころのケアに関するマニュアルなどを作成しています。現在「せん妄」「うつの早期発見のために」「気持ちの辛さと向き合うときに」「アルツハイマー型認知症の早期発見のために」「アルコール関連の問題に早く対処できるために」「不眠症の診断と治療」の6つのポケットガイドを活用いただき、患者さんの治療やケアに役立てていただいております。

また、月に1回チームメンバーだけでなくすべての方を対象としたチーム勉強会を開いています。心の問題や認知症に関連した困り事以外にも、スタッフのメンタルへルやコミュニケーションなどを取り上げて行っています。
院外のみなさんとは、院内の神戸市精神科身体合併症病床を活用してもらっています。神戸市内12か所の精神科病院と連携し、精神科病院に入院中の患者さんが急性期の身体的治療を必要とした場合の受け入れを行っています。その入院の間、メンタル面のサポートをスタッフと伴にさせていただております。
さらに、平成24年から医師会との連携で認知症連携パスの運用を始め、平成28年度からは、認知症を患う患者さんを支えるみなさんと対応力の向上のめざした研修や事例検討を行っております。

定例活動

毎週火・金曜日午前 リエゾンチーム回診
毎週火曜日夕方 リエゾンチームカンファレンス
毎月第1火曜日 リエゾンチーム勉強会(講演会)
不定期(年3回) 認知症を考えるケース検討会(オープンカンファレンス)

メンバー紹介

氏名 職種
コアメンバー
松井 裕介 医師(精神・神経科)
木原 武士 医師(認知症疾患医療部)
古野 和歌子 医師(精神・神経科)
岩蕗 かをり 臨床心理士・MSW・PSW
杉原 陽子 看護師(老人看護専門看護師)
新田 和子 看護師(リエゾンナース)
都成 祥子 事務職員
メンバー 相江 直哉 医師
原 拓史 医師
赤瀬 博文 薬剤師
井上 慎一 作業療法士
病棟リンクナース 看護師

今年度の活動報告

認知症疾患医療センターの活動

今年(2018年)10月、当院は、新たに認知症疾患医療センターをたち上げました。センターでは、認知症の診断・治療、生活・介護の相談を行っています。認知症を早期発見することにより、ご本人やご家族にとって将来に備える準備につながり、できるだけ地域で長く過ごせるような活動を目指しています。
チームメンバーに、新たに精神神経科の松井先生、認知症疾患医療部に木原先生を迎え、今年度の「リエゾン・認知症チーム」は、さらにパワーアップしたと自画自賛しております。

認知症対応力養成研修

例年『認知症患者さんを支えるみなさん』と伴に考える場として『ケアマネジャー・介護職の為の認知症対応力向上研修』という研修を行っております。今年度も残すところ、10月25日の研修のみになりました。

基礎編:例年、色々趣向を凝らして、「認知症を持つ人とどのようにおつき合いすればよいか?」を考えていますが、今年は、木原先生、松井先生がご参加くださり、例年以上に疾患や症状、治療のための薬剤のお話がより具体的専門的になりました。
リエゾンチーム研修の様子(木原先生)リエゾンチーム研修の様子(松井先生)
そもそも、『認知症』とは、どういう状態なのか?『BPSD』とはどういうものなのか?という根本の部分を医学的な視点から、具体的な事象を用いてお話下さり、参加者のみなさんの理解が進んだようです。
また、そういった特徴を持つ人達をどのように支えていくかという、今の神戸市の仕組みづくりの話は、地域で認知症を持つ人を支えるという視点でのイメージの強化につながっており、地域と施設、病院のつながりを意識させていただく機会となったと感じています。

対応力編:今回は、いつもの対応方法に加え、認知症を持つ人に、様々なメディカルスタッフが、どのような視点で関わっているかをお話しいただきました。
当研修にも、多職種の方が参加して下さるようになったこともあり、このような企画にしました。
認知症を持つ人への関わりは、多くの職種や人たちが役割分担ではなく、重なり合い、協働しながら、その人が人生のストーリーを作る手助けをすることであり、お互いが職種の特徴や得意分野を知っておくことはとても重要だと考えています。
これをきっかけに、様々な職種の方々と更なるおつきあいができればと思います。

応用編:10月25日に開催されます。関心のある方は、当日、覗いてもらったらと思います。

Back
TOP