腎臓内科

スタッフ紹介

氏名 役職 卒年 専門分野 認定医・専門医・指導医
渡邉 周平 副医長 H.22 日本内科学会認定内科医・指導医
日本内科学会総合内科専門医
日本腎臓学会腎臓専門医・認定指導医
日本透析医学会専門医
瀧口 梨愛 医長 H.19 日本内科学会認定内科医・指導医
日本腎臓学会腎臓専門医・認定指導医
日本透析医学会透析専門医
日本内科学会総合内科専門医
日本腹膜透析医学会認定医
原 明子 副医長 H.25 日本内科学会認定内科医
日本腎臓学会腎臓専門医
隈元 宣行 医員 H.28
平井 俊行 専攻医 H.30

診療科の紹介(診療内容)

 腎臓内科では、4名のスタッフ医師、1名の専攻医で診療を行っております。当科では腎炎・ネフローゼ症候群、慢性腎臓病、高血圧や電解質異常など急性期から慢性期まで幅広く診療を行っております。また血液浄化部門では一般的な透析診療に加え、集中治療における持続的血液浄化療法、アフェレシス治療などの診療を行っております。

特色

慢性腎臓病

 当院では血圧管理や内服薬の調整、体液量調整、食事療法、腎代替療法についての情報提供などを目的に腎臓病教育入院を行っています。患者さんの生活に合った治療を提供できるよう医師、看護師、栄養士、薬剤師、透析室看護師と多職種で連携し診療を行っています。
また腎代替療法については、血液透析・腹膜透析・腎移植・保存的腎臓療法の中から患者様に最も適した治療を提供できるよう比較的早期から情報提供を行っております。実際に透析室を見学頂き、腹膜透析や血液透析のイメージをもってもらう「腎代替療法選択外来」を行っております(同外来は腎臓内科外来から予約を行っています)。また腎移植については主に神戸大学病院と連携し診療を行っております。

慢性糸球体腎炎、ネフローゼ症候群、血管炎

 当院では検尿異常を呈する例や、何らかの腎炎が疑われる疾患に対しては積極的に腎生検を行っております。疾患としてはIgA腎症や一次性ネフローゼ症候群、ANCA関連血管炎などが多く、これらの疾患の診断・治療を行っております。またループス腎炎や血液疾患に関わる腎障害など、必要な症例では他科と連携し診療を行っております。

血液浄化部門

 腎・透析センターでは20台の血液透析装置を有し月・水・金2クール、火・木・土1クールの血液透析を施行しています。当院では外来維持血液透析だけでなく血液透析導入や他疾患で入院となった透析患者の透析治療も行っております。また集中治療における持続的血液浄化や膠原病などの自己免疫性疾患に対するアフェレシス療法も各診療科と連携し積極的に施行しています。また腹膜透析の診療も行っており、導入期から維持期にかけて患者さまの生活にあった治療を提供できるようスタッフ一同取り組んでいます。

手術業務

 当院ではシャント造設術、腹膜透析カテーテル挿入術、長期留置型カテーテル挿入術など外科と連携しながら腎臓内科で行っております。

 腎臓病は新たな国民病と言われ、その有病率も増加の一途を辿っています。また腎臓病は、末期腎不全(透析)につながるだけでなく、心血管疾患や骨ミネラル代謝異常など全身の異常と関連します。患者さまの全身をケアし、個々の患者さまにあった治療を提供できるよう取り組んでまいります。

主な検査・医療設備

  • 血液透析装置20台
  • 持続緩徐式血液濾過透析装置3台
  • 血漿交換用装置3台
  • 個人透析用装置1台
  • 腎生検
  • 24時間自由行動下血圧測定

令和2年度診療実績

疾病名 件数
入院 327例
腎生検 20例
血液透析導入 65例
腹膜透析導入 5例
シャント手術 60例
外来透析 3,311件
入院透析 1,574件
Back
TOP