泌尿器科

スタッフ紹介

スタッフは6名で、うち4名は日本泌尿器科学会認定専門医、指導医、もう2名は専攻医です。マンパワー、設備等の状況が許す限りあらゆる泌尿器科疾患に対応いたします。特に専門領域を限定しませんが、どの領域の疾患に対しても全人的治療を心がけています。

氏名 役職 卒年 専門分野 認定医・専門医・指導医
中村 一郎 副院長
(地域医療部長)
S.60 泌尿生殖器癌の外科療法
尿路性器腫瘍学
化学療法
緩和医療など
日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本がん治療医認定機構暫定教育医、認定医
泌尿器科da Vinci手術認定医
神戸大学医学部臨床教授
がん診療に携わる医師のための緩和ケア研修修了
緩和ケアの基本教育のための都道府県指導者研修会修了
【コメント】
地域の患者さんの健康、生命を守るために神戸市立医療センターの泌尿器科医として最善の医療が提供できるように全力を尽くします。急速化する高齢社会の中で地域の医療・介護機関と連携を深め、患者さん、ご家族に優しい在宅医療を応援していきます。
岡本 雅之 医長 H.1 泌尿器癌
腹腔鏡手術
泌尿器科手術全般
日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本泌尿器内視鏡学会泌尿器腹腔鏡技術認定医
日本内視鏡外科学会技術認定医
泌尿器科da Vinci手術認定医
日本泌尿器内視鏡学会代議員
がん診療に携わる医師のための緩和ケア研修修了
八尾 昭久 医長 H.10 日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本泌尿器内視鏡学会技術認定医
泌尿器科da Vinci手術認定医
日本癌治療学会がん治療専門医
小泉 文人 医長 H.13 日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本泌尿器内視鏡学会技術認定医
日本癌治療学会がん治療専門医
平田 淳一郎 専攻医
藤本 卓也 専攻医

診療科の紹介(診療内容)

本院は震災後約5年のブランクを経て平成12年神戸市西部市街地の中核病院として再建され同時に泌尿器科診療が再開されました。15年を経た平成27年4月の時点では外来患者数は通常1日40~60名(新患5-10名)、入院患者は20~30名です。入院ベッドは基本病棟(10F、11F)に計25床あり、それ以外に他病棟での入院対応も随時可能です。
ここ数年の当院の泌尿器科外来を訪れる患者さんの代表的な疾患は、排尿障害(排尿困難、頻尿、尿失禁など)を訴えとして来院される前立腺肥大症、神経因性膀胱などの老年泌尿器科疾患です。そして女性の腹圧性尿失禁に代表される婦人泌尿器科疾患の治療機会も、年々増加しています。
一方、尿路性器悪性疾患として前立腺癌が急速に増加しており、さらに当地域では膀胱癌の症例が非常に多く、腎癌も年々増加しており、入院患者さんの8割以上を悪性腫瘍が占めています。その他に重症の急性期尿路感染症入院患者が多いことも当科の特徴です。

当科は『医者がすすめる専門病院(ライフ企画)』などの著書にも掲載されていますので、ご参照ください。

泌尿器科の外来診療は月曜から金曜まで毎日行っています。月、水曜日は午前のみ、火、木、金曜日は午前・午後の診療です。金曜日の午後にはED外来(男性の勃起不全に対応)を行っています。尿路ストーマ、尿路カテーテル、自己導尿等の排泄ケア指導は外来午後枠を中心に泌尿器科看護師やWOC認定看護師とともに随時行っています。
尿路系レントゲン検査(透視処置を含む)、膀胱尿道機能検査の検査日は火、木、金曜日です。手術は月、水、金曜日の週3日終日1-2列で行っています。
病棟総合回診日は水曜日の早朝であり、病棟師長、看護スタッフとともに行っています。カンファレンス、抄読会は毎週月曜日と水曜日の夕方に開催しています。

診察予定表はこちら

特色

チーム医療を支えとしてがん患者さんに手術、化学療法、緩和医療まで全人的治療を提供する

当科は2015年10月28日よりダヴィンチSiによるロボット支援腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術を開始し1名/週のペースで手術を行っています。腹腔鏡手術、腹腔鏡下小切開手術の施設認定を取得し副腎、腎尿管悪性腫瘍に加えて、前立腺全摘、小さな腎がんの部分切除術、後腹膜腫瘍に対しても小さな傷の手術が可能になりました。前立腺がん、膀胱がんの手術療法においては排尿機能、性機能が可及的に温存できるような手術術式を採用し、良好な治療成績が得られています。膀胱全摘術では尿路変向として腸管を利用した代用膀胱を造設する術式(新膀胱)を積極的に行い、自然排尿の再現を目指しています。尿路ストーマを形成した患者さんには看護師チームとともにストーマケアをきめ細かく行っています。化学療法はその侵襲度に合わせて、入院あるいは外来化学療法センターで安全に遂行できるように運用しています。がん治療の当初から再発リスクや予後について十分にインフォードコンセントを重ね、終末期には緩和ケアチーム(泌尿器科部長の中村は緩和ケアチーム代表も兼任しています)や地域医療推進課の支援のもとで安らかな療養の場を持っていただくように努めています。

安全第一をモットーに患者さんにやさしい医療を提供する

周術期には血栓予防対策、感染予防対策などを十全に行い重篤な合併症を回避するように努めています。

排尿障害に対して集学的な先進治療を行い患者さんのQOL向上に貢献する

前立腺肥大症、過活動膀胱、尿失禁、さらには間質性膀胱炎の患者さんに対して生活指導から理学療法、薬物療法、手術療法まで段階的に治療プランを設定します。前立腺肥大症に対する内視鏡手術(HoLEP:ホルミウムレーザー前立腺切除術)、腹圧性尿失禁に対する根治手術(TVT)、間質性膀胱炎に対する膀胱水圧拡張術(2010年、施設認定取得)で症状が顕著に改善した事例を多数経験しています。

主な検査・医療設備

外来部門 外来は二診制で行っていますが、各診察室に1台ずつ超音波検査装置(1台はカラードップラー)を設置し、通 常の外来診療の流れの中で非侵襲的に尿路性器画像診断を行います。また各診察室に1台ずつ泌尿器科撮影室のサーバーと直結したコンピューターシステムがあ り、適宜液晶モニターで画像を呼び出すことができ、フィルムレス診療が可能です。診察ベッドは体の不自由な患者さまにやさしい電動式です。
尿流量測定、尿道膀胱内圧測定などのウロダイナミックスタディが簡便に行える器械も設置しています(DANTEC社MENUET COMPACT PLUS)。尿道膀胱内視鏡検査装置も充実しており、ビデオシステム、軟性内視鏡も配備され、患者さんにはリアルタイムでモニターを見てもらいながら内視鏡 検査内容を理解していただけます。
レントゲン部門 2013年新規に泌尿器科撮影台(島津社)が設置され、排泄性尿路造影、尿道膀胱造影、順行性・逆行性腎盂尿管造影などあらゆる尿路造影検査に対応できます。デジタル撮影された画像は専用サーバーに保管され電子カルテで供覧できます。内視鏡ビデオシステムも常時接続しており透視動画と内視鏡動画が同時に確認でき、電子カルテに保存できるようなシステムとなっています。
手術部門 2015年9月にダヴィンチSi手術支援システムが設置されました。泌尿器科外科領域の標準的な開腹手術、内視鏡手術、体腔鏡手術に対応できる設備(泌尿器科オムニトラクト、 各種手術器具、光学機器、砕石装置、レーザー、内視鏡手術ユニット、腹腔鏡手術ユニットなど)が整っており、ほとんどの全症例の手術でDVDビデオシステムと接続し手術内容をDVD-Rに保存しています。

平成27年までの診療実績

開設後16年間で手術件数は漸増し平成27年は557件でした。局所浸潤膀胱癌に対する膀胱全摘術および各種尿路変向術(尿管皮膚瘻や回腸導管以外に腸管利用自然排尿型を積極的に行っています)、表在性膀胱癌に対する経尿道的切除術(NBI、ホルミニウムレーザー併用)、尿路結石に対する内視鏡的破砕術(*ESWL難治例にf-TUL:細径の軟性尿管鏡、ホルミウムレーザー併用手術)、前立腺がんに対する腹腔鏡下小切開前立腺全摘術、前立腺肥大症に対する経尿道的切除術(HoLEP、TUR-P)、睾丸腫瘍、陰茎癌に対する全摘除術、腹圧性尿失禁に対する尿道吊り上げ術(TVT手術)、コラーゲン注入術、緊急手術として外傷性膀胱破裂、精巣破裂、精索捻転に対する修復術など多岐にわたっています。また重症尿路感染症(敗血症)の患者さんに対して血液浄化法を併用した集学的治療を行い救命例が増加しています。前立腺癌確定診断のための前立腺針生検により、根治可能な早期前立腺癌を多数検出できることから、PSA高値の患者さんのご紹介をよろしくお願いいたします。手術支援ロボットda Vinciが導入され10月より実施開始し良好な手術成績が得られています。前立腺癌手術適応の患者さんのご紹介も是非ともよろしくお願いいたします。
なお、当科の診療実績を下記に情報公開しておりますのでご参照ください。

その他

患者さんに優しい医療を目指して常に最新最良の診療情報を患者さんに提供し、近隣の医療施設の皆様と病病ならびに病診連携をとりながら、地域から信頼される泌尿器科として市民の健康に貢献したいと願っています。そして急速化する高齢社会の中で地域の医療・介護機関と連携を深め、患者さん、ご家族に優しい在宅医療を応援していきたいと思っています。今後さらにQOLを重視した治療(機能温存手術、鏡視下手術など)を積極的に導入し、治療前後、周術期のケアーをコメディカルスタッフとともに充実させ、患者さんのQOL向上を目指し最善の医療が提供できるように全力を尽くしていきたいと考えています。

Back
TOP