呼吸器内科

スタッフ紹介

氏名 役職 卒年 専門分野 認定医・専門医・指導医
冨岡 洋海 院長補佐
(診療部長、呼吸器内科部長兼務)
S.61 呼吸器疾患全般
間質性肺炎
呼吸器感染症
日本内科学会総合内科専門医
日本呼吸器学会専門医・指導医
日本呼吸器内視鏡学会専門医・指導医
日本感染症学会専門医・指導医
日本結核病学会結核・抗酸菌症指導医
【コメント】
全ての患者さんにこの病院にかかって良かったと思っていただける医療を行なうよう心がけております。
金子 正博 医長 H.7 呼吸器疾患全般
アレルギー疾患
喘息、COPD
病態栄養
日本内科学会認定医・総合内科専門医・指導医
日本呼吸器学会専門医・指導医
日本呼吸器内視鏡学会専門医・指導医
日本アレルギー学会専門医・指導医
日本病態栄養学会病態栄養専門医
日本結核病学会結核・抗酸菌症指導医
【コメント】
患者さんの訴えに耳を傾け、最善の医療を提供するよう努めます。
古田 健二郎 副医長 H.16 日本内科学会認定内科医
日本呼吸器学会専門医
日本結核病学会結核・抗酸菌症認定医
山下 修司 副医長 H.21 呼吸器疾患全般 日本内科学会認定医
日本呼吸器学会専門医
森田 充紀 医員 H.23 日本内科学会認定内科医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
高田 寛仁 専攻医 H.25
吉積 悠子 専攻医 H.25
山添 正敏 専攻医 H.26
和田 学政 専攻医

診療科の紹介(診療内容)

呼吸器内科は6人のスタッフと4人の後期研修医で担当しております。当科で扱う疾患は肺炎などの感染症、肺癌を主とする腫瘍性疾患、種々の疾患による慢性呼吸不全、間質性肺炎、気管支喘息、睡眠時無呼吸症候群など多岐にわたっております。入院ベッドは9階病棟を中心とした定数50床で、平成25年度の一日平均入院患者数は51.1人、平均在院日数は 18.1日でした。また、外来1日平均82.2人、うち初診8.2人となっております。スタッフ5人はいずれも呼吸器疾患全般を専門としておりますが、常にチーム医療、EBM(科学的根拠に基づいた医療)に根ざした医療を心がけており、週2回外科との合同カンファレンスを行い、症例を全員で検討して治療方針を決めています。今後も神戸市西市街区域の一般内科診療における呼吸器内科のニーズはますます高まるものと予想され、当科の果たすべき役割は重要であります。

当科は中央市民病院、西神戸医療センター、先端医療センターと定期的にカンファレンスを行いそれぞれの施設との連携を心がけております。また地域の病診・病病連携を常に意識しており疾患の内容によらず医院、病院からの紹介を積極的にお引き受けし、病状の安定した患者さんはできるだけかかりつけの先生に逆紹介させていただいております。また地域の先生方との症例検討会も定期的に行っています。

特色

最も症例数の多い肺炎に対してはガイドラインに則った治療を行い不必要な抗生剤は使用しないよう心がけ良好 な治療成績を得ております。当科における高齢者肺炎についての臨床研究は、各方面から高い評価を得ております。肺癌の診断、治療に 関しては最も力をいれており気管支鏡検査、超音波下生検、CT下生検などで病理診断をつけた後に外科との連携下に手術可能例に対しては速やかに外科切除を 行い進行癌に対しては患者さんと相談の上でエビデンスに基づいた治療を行っております。

状態の良い患者さんには負担の少ない外来化学療法をお勧めしております。

緩和治療に関しても緩和ケアチームとの連携下にチーム医療を行うように心がけています。肺気腫などの慢性呼吸不全に対しては薬物治療のみでなく栄養指導も 含めた呼吸リハビリを積極的に行っています。3週間の呼吸リハビリ入院プログラムをチームとして行っています。

喘息治療は吸入ステロイド薬中心の治療を行ない、その成績は各方面から評価を受けています。人工呼吸管理を要する呼吸不全患者の救急入院も増加傾向にあり ますが,当科では出来るだけ侵襲的人工呼吸を避け合併症の少ない非侵襲的換気補助(NIPPV)で乗り切るようにしています。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の疑われる症例では簡易型アプノモニターでなくポリソムノグラフィーを使ってできるだけ正確な診断を得るようにしています。 間質性肺炎等のびまん性肺疾患に対しては積極的に気管支鏡下肺生検や外科に依頼して胸腔鏡(VATS)下肺生検を行い、病理診断に基づいた治療を行うよう にしています。当科は厚生労働省難病班の研究協力施設でもあり、これら難治性疾患の治療に取り組んでいます。

肺結核、非結核性抗酸菌症も今なお多い呼吸器疾患であり、適切な診断、治療ができるよう心がけています。また、禁煙外来、禁煙教室を開催しており、院内のみならず、地域における禁煙活動も積極的に展開しております。

主な検査・医療設備

  • 気管支鏡検査(火曜・金曜の週2回、全検査を電子内視鏡で施行しています。)
  • 超音波下経皮生検(火曜・金曜の週2回)
  • ポリソムノグラフィー(基本的に金曜日夜)

平成25年度診療実績

「疾病件数(入院患者数)」

疾病名 件数
肺炎 250
肺癌 285
気管支喘息(教育入院含む) 31
肺気腫(COPD)(リハビリ入院含む) 45
間質性肺炎(IP) 115
その他 334
1,060
Back
TOP